2018年4月8日で関西テレビで放送された「コヤぶるッ!SPORTS」という番組で3試合連続ホームランを打っても大谷翔平に二刀流をやめなさいと元南海阪神の江本孟紀が苦言を呈しています。お笑い芸人の小藪千豊と同じくシャンプーハットの小出水とてつじと共に語っています。今回は割と真剣に江本が提言をしています。

 



【3試合連続ホームランの映像が流れてからのスタジオトーク】

てつじ これはとんでもない選手になるんちゃいます。

 

小藪 これは凄いよ。

 

小出水 もう現時点でとんでもない選手。

 

小藪 メジャーのすごい人たちがえらいビックリして褒めているなんてネットニュースを見ましたよ。

 

小出水 すごいピッチャー(2017年サイ・ヤング賞のクルーガー)から打ったんでしょ。

 

てつじ 大成功ですよ。

 

江本 2017年、大谷は日本で何試合出た?

 

てつじ ほとんど出ていない。

 

江本 何で出てない?

 

てつじ え、怪我をして。

 

江本 何で怪我をする?

 

てつじ それは・・・

 

江本 二刀流やるから。

 

小藪 あ、二刀流をやるから。

 

てつじ 二刀流に反対なんですか?

 

江本 俺は反対。やめた方がいい。もったいないから。だって、バッターをやればあれだけのホームランを打つ。ピッチャーをやればあれだけ抑える。だから、1つに集中すればとんでもない記録を作る。ホームラン20本を打つとか、10勝ぐらいするピッチャーなんかはゴロゴロいるわけですよ。

 

小藪 10勝でホームラン20本の人ではダメなんですか?

 

江本 それはダメ。投手と打者のそれぞれの記録は出ない。野球選手というのは規定投球回数と規定打席がある。それだけ出ると初めて認められる。これは将来的に考えたら1シーズン終わって、多分記録が出ないと思う。

 

てつじ けどね、今の大谷やったらほんまにホームラン王とか打点王とか。

 

江本 なれない。ありえない。

 

てつじ 首位打者は。

 

江本 無理です。毎日出られないもん。規定打席にも立てない。

 

てつじ 何で夢を語ってこんな怒られるねん。

 

一同 爆笑

 

江本 いや、俺に逆らうからよ(笑)

 

てつじ そんな日曜の朝に夢を語ってこんなに怒られる番組あります!?

 

江本 いやいや、何でも現実を見ないと。

 

てつじ 現実?日曜の朝から!?

 

江本 迎合しちゃダメ。

 

小藪 日曜の朝も金曜の夜中も現実を見なアカンねん。

 

てつじ 日曜の朝ぐらい、『大谷凄いな!首位打者取れたらな!』でええやないですか。

 

江本 いや、それは街の中で言うとってくれたらええ。

 

一同 (笑)

 

江本 我々から見ていると、結局はもったいないわけよ。今、日本で1番勝った人は400勝でしょ。金田正一さんという人ね。大谷はピッチャーだけをやったら超えるかもしれん。500勝ぐらいするんじゃないかと。

 

小藪 あ、そんなに凄いですか。

 

江本 凄いから言っている。

 

 

以上です。

江本はけっこうこれをしつこく言っていますよね。「メジャーでさえも大谷の我が儘を許してしまった」とか言っていましたね。大谷がどれだけ二刀流で活躍しても曲げないような気がします。

おすすめの記事