2018年9月19日vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は岩貞、ヤクルトの先発はブキャナンで始まる。阪神は初回に2番ショートに入った森越が四球を選び4番の糸井がファーストゴロを打ちチェンジかと思いきやゴロがイレギュラーしヒットとなり森越が生還し1点を先制する。しかし、その裏にヤクルトの1番坂口がセカンド糸原のエラーで出塁、2番青木が左中間の長打を放ち同点、3番山田が2ランでいきなり逆転。更にこの回に7番の西浦に3ランを浴びて1回でいきなり1-6となる。阪神は2回にナバーロのヒットからチャンスを作り糸原の犠牲フライで1点を返し4点差。更に4回にもナバーロのヒットから中谷、梅野の連打で2点を返し2点差とする。しかし、その裏に西浦がソロホームランを放ち3点差。5回裏には雄平にタイムリーを打たれて4点差。8回にはダメ押しのタイムリーをまたも西浦に打たれて5点差となり、最終スコア9-4で阪神の負け。MBSラジオの野球中継のレポートを参考にして書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―試合を通じて

金本 とにかくピッチャーに頑張ってもらうしかないよね。

 

―西浦に2打席連続ホームランを浴びたことについて

金本 まあ、気を付けてほしいよね。

 

―今日の負けでリーグ優勝がなくなった

金本 あっそ。

 

―CSに切り替えるということになるか

金本 明日もあるんでそれしかないよね。

 

 

以上です。

絶好調大山でしたが今日はノーヒットでした。2番に出塁できないのがいると非常に苦しい。どうするべきかベンチは考えるべきです。

おすすめの記事