2018年10月13日にTBSで放送された「S-1」で横浜高校の元監督の渡辺元智が金足農業高校の吉田輝星と松坂大輔を比較しています。最後に渡辺さんのVTRを見た後にスタジオで槙原が吉田輝星について語っています。

 



―吉田輝星を見て感じたことは?

渡辺 松坂によく似ていたなという感じがしますね。球界のエースになるようなピッチャーになっていくような気がしますけどね。

 

―松坂大輔との共通点①腕の振り

渡辺 右投手としての腕の振りが強い。吉田輝星投手も非常に腕の振りが強いんですよね。その辺がよく似ていると。ゆったりしたフォームの中でピュっと腕を振る。松坂も重いボールの中にキレがある。吉田輝星投手も同じようなボールを投げるんですね。投げた後にちょっと左に倒れる癖がありますよね。バラ付きがあると思うんです。そういう面では更に修正していけば伸びていく可能性があると思うんですね。少し松坂よりも上なんてね(笑) 将来的にですよ(笑)

 

―松坂大輔との共通点②フィールディング

渡辺 フィールディング・バント処理というのはやっぱり松坂を彷彿とさせる守備力だったかなと、高く評価しています。

 

甲子園 準決勝 日大三高戦でのバント処理に渡辺さんは舌を巻いたと言います

 

渡辺 これ普通はアウトにならないですよね。一瞬、1塁側の方に倒れていって体のバランスが崩れて、その体勢のまま2塁に矢のような送球でアウトにする。これはなかなか高校生では出来ないと思いますね。

 

―吉田が松坂よりも上回っている点とは

渡辺 吉田投手の方が体が強いかなあと思いますね。

 

甲子園での投球数(高3の夏)

吉田 881

松坂 782

 

 

渡辺 ずっと地方大会から一人で投げ抜いているでしょ。決定的な故障を聞いたことがない。やっぱり地肩も強いし、スタミナもあるなあと。

 

 

ここから渡辺さんのVTRを見たスタジオの槙原寛己が吉田について語ります

 

槙原 プロ野球の世界に入って体が強いというのが一番のストロングポイントになりますから、その部分というのは非常にいいことですよね。ただ、ストレートも非常にいいんですけど、松坂投手のように変化球をしっかりと投げられるようになると更にパワーアップすると思うので、それをプロで覚えてほしいと思いますね。

 

 

以上です。

渡辺さんは甲子園での試合を解説している時から吉田を絶賛していたんで大好きなんだと思います。

おすすめの記事