2018年10月28日にフジテレビで放送された「S-PARK」で東北楽天ゴールデンイーグルスの石井一久GMが2018年のドラフトについて総括しています。フジテレビアナウンサーの宮司愛海と共に語っています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位辰己涼介外野手立命館大
2位太田光捕手大阪商業大
3位引地秀一郎投手倉敷商業高
4位弓削隼人投手SUBARU
5位佐藤智輝投手山形中央高
6位渡邊佳明内野手明治大
7位小郷裕哉外野手立正大
8位鈴木翔天投手富士大

 

アナ 石井さん、4球団が競合しました辰己選手を引き当てました。その瞬間、本当に嬉しさがこっちに伝わってくるぐらいだったんですけど。

 

石井 そうですね。僕は嬉しいというか、スカウトの方と何十時間も会議をしたんですよ。そうしていくうちにスカウトの方の思いというのがスゴく自分の体に乗り移って、クジを引いているときも自分の体じゃないような、手が震えるというか、緊張で手が震えるというか、みんなの思いがプレッシャーとして感じましたね。

 

アナ そうですか。

 

石井 ただ、当たるとは思っていました。

 

アナ え?

 

石井 僕はそう思っていたんで。

 

アナ 予感はしていたんですね。さすがです。右手で引きましたよね?

 

石井 そうですね。1回目のクジは右手で外れたんで、次は左手でやろうと思っていたら忘れていて右手でいっちゃった。

 

アナ 忘れてたんですね(笑)

 

石井 はい。そして、ドラフト2位指名の太田光選手は特に石井さんが獲得を熱望していた選手らしいのですが、どんな魅力がありますか?

 

石井 そうですね。スカウトの方が面談したときにも本当に受け答えがハッキリしていて、将来的にはキャプテンとしてうちのチームの嶋選手の次に代表するような、次世代のチームを背負っていけるようなキャッチャーだと。

 

アナ なるほど。

 

石井 あとフットワークも軽いんで、キャッチャーとしても素晴らしい実績を持ってますよね。

 

アナ 野球だけでなく、人間としても素晴らしい選手なんですね。

 

石井 そうですね。辰己選手もそうなんですけど、みんなに頑張ってほしいですよね。

 

アナ そうですよねぇ。

 

石井 はい。

 

アナ さあ、今回の楽天のドラフトなんですが、点数を付けるとすると何点ぐらいになりますか?

 

石井 皆さん点数を付けるんですけど、僕はあんまり点数を付けたくないんですけど100点です。

 

アナ おぉ!100点満点ですか。

 

石井 はい。まあ、ただ100点にする義務があると僕たちは思っているんですよね。入って来たからにはしっかりと1軍でプレーさせてあげて、僕たちは預かっている身なので、ご両親たちにしっかりと僕たちが恩返しをしないといけないと思っています。

 

アナ なるほど。そして、ドラフト6位から8位が大学生選手なんですけど、これについて石井さんはかなり満足されているということですが。

 

石井 ここが他球団の補強ポイントよりも上に行ったんじゃないかと思うほど、6位7位8位で即戦力として、選手を獲れましたね。

 

アナ 6位には明治大学の渡邊選手がいますけど、やっぱり即戦力として期待しているんですか?

 

石井 そうですね。渡邊選手は六大学で首位打者にもなったので非常にバットコントロールも上手いですし、内野もしっかりとこなせるので、色んなところを守らせて競争させてあげたいなと思います。

 

 

以上です。

責任感が出ているようです。

おすすめの記事