2021年4月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で貴重タイムリーで勝利に貢献した中日ドラゴンズの根尾昂の成長について元ロッテの里崎智也、元中日の谷沢健一、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



根尾のヒーローインタビューの一部

根尾 ラッキーな面も大きかったと思いますけど、結果的には3点目も大きかったと思うので、これからも勝利に絡んでいけるようにしっかり打っていきたいと思います。木下さんは以前に僕がタイムリーを打った時もそうなんですけど、激走してくださるんで、しっかり振り切る事ができました。

 

 

根尾を語る

アナ 根尾選手はヒーローでした。

 

真中 いい働きをしましたね。

 

アナ 谷沢さん、この試合のポイントをお願いします。

 

谷沢 やはり根尾選手だね。

 

真中 はい。

 

谷沢 5回裏の無死2塁の3点目の打席を見ると、初球にフルスイングしてファウルにしてんだよね。

 

真中 1球目に思い切りいきましたよね。

 

谷沢 そこでファウルになって、2球目に待ち方というかタイミングの取り方を変えてるんだよな。その辺で非常に成長してるなあと感じますね。

 

真中 はい。

 

谷沢 アウトローの難しいコースを非常にコンパクトに打ち返しましたよね。

 

真中 まあ、ゲームの中で対応が出来るようになってきてるということですかね。

 

谷沢 はい。そういう意味では待ち方とか配球の読み方とか、ミーティングでスゴく言われていると思うけども、やっぱり自分で咀嚼しないとなかなか自分のモノにならないし、それが出来てる部分に成長が見えるよね。

 

真中 里崎さん、根尾選手についてどうですか?

 

里崎 与田監督が良い時でも悪い時でもミスをしても我慢して使ってくれてるんでね。

 

真中 はい。

 

里崎 続けて出れるんで、谷沢さんが言ったような打席の中での工夫も出来るようになってくると思うんですよね。

 

真中 はいはい。

 

里崎 だからこの与田監督の我慢が生きてきた今日の活躍じゃないですかね。

 

真中 やっぱりいいバッターはゲームの中で色々と対応をしていきますからね。

 

里崎 そうですね。やっぱり続かない人って同じパターンでしか打てなくなってくるんでね。

 

真中 そうですね。

 

里崎 そういった面で谷沢さんが言ったように打席の中での成長を感じますよね。

 

谷沢 あとはやはり宮崎くんがエラーした最初の2点も根尾くんの足が速いということで、少し焦りがあったような感じがするね。

 

真中 まあ、内野にプレッシャーを掛けれるような足もありますよね。

 

アナ 存在感が増してますよね。

 

 

以上です。

少しずつですが成長してます。成長しない選手は本当に成長しませんから。
おすすめの記事