2021年5月3日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバッファローズ戦で来日初登板で初先発となった埼玉西武ライオンズのダーモディのピッチングについて元横浜の平松政次と元日ハム阪神の片岡篤史がフジアナウンサーの黒瀬翔生と共に語っています。

 



この日のダーモディの投球内容
5回89球 被安打5 奪三振3 四球3 失点0
来日初登板で無失点デビュー!

 

アナ オリックスに敗れた西武ですが、来日初先発のダーモディ投手について平松さんは見られましたか?

 

平松 もういきなりダーモディって名前が覚えづらいけど(笑)

 

アナ はい(笑)

 

平松 メジャーでは先発した事がないみたいなんだけど、そんなに速いボールを投げるタイプではないね。

 

アナ はい。

 

平松 これで先発いけるのか?ってなると、バッター的には片岡さんに聞いたら分かると思うけど、打ちやすいピッチャーだと思いますよ。

 

アナ 片岡さん、そうなんですか?

 

片岡 どうなんですかね・・・(苦笑) まあ今日のピッチングを見ている限りは、速い球を投げるというよりコンビネーションや緩急で打たせて取るタイプなので、こういうピッチャーは慣れてくると、ある程度は的を絞っていけるようになると思います。

 

アナ はい。

 

片岡 今日の相手だったオリックスは初対戦でしたから、球種やタイミングが分かりづらかったと思いますけど、今後は日本での野球のデータが取られて分析されますんで、次回からはどういう風な対策をされていくのかを注目していきたいですね。

 

アナ これで先発の貴重な1枚となったらチームにとっても大きいですよね。

 

片岡 左ピッチャーですからね。どのチームも左ピッチャーというのは欲しいですから、このダーモディが先発できると、西武もグッと上がってくるんじゃないですかね。

 

 

以上です。

どこまでやれるのか。
おすすめの記事