2020年10月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し、6回3失点の内容で勝ち負け付かずだったオリックスバファローズの宮城大弥のピッチングについて元日ハムの岩本勉と元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の宮城の投球内容
6回102球 被安打5 奪三振5 死球1 失点3
今季0勝1敗 防御率4.09(10/18の試合終了時点)
プロ入り2度目の先発も及第点投球!

 

アナ オリックスは西武に敗れました。先発の宮城投手がプロ入り2度目の先発でした。岩本さん、今回の宮城投手のピッチングはいかがでしたか?

 

岩本 期待を寄せられているピッチャーですけど、6回3失点で「役割を果たした」というコメントがあったんですよね。だけど僕は勝つピッチャーであれば先取点を与えないこと。

 

アナ はい。

 

岩本 6イニングを投げ切れるという事はアウトを取れるピッチャーというのは分かったので。勝てるピッチャーになるにはどうしたらいいか、というのをレベルを上げて追及するべきだと思いましたね。

 

アナ なるほど。岩本さん、宮城投手に何か ひとつ激励の言葉をお願いします。

 

岩本 彼に激励の言葉を送るとしたら・・・。

 

金村 うんうん。

 

岩本 ホームベースを人に譲るな(※ささやき声)。

 

金村 フッ(笑)

 

アナ ありがとうございます。

 

 

以上です。

最後のは言葉は意味が分かりませんでした。
おすすめの記事