2018年6月23日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で前日の6月22日にほっともっと神戸で行われたオリックスバファローズvs.福岡ソフトバンクホークス戦で起こったファウルがホームランと判定された事について元横浜の高木豊、元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【状況説明】

10回表、3-3の場面でSB中村晃が打ったライトポール際の飛球がファウルと判定されたのをSBの工藤監督がホームランじゃないかという事でリクエストを要求。すると判定が覆りホームランとなりました。しかし、リプレーをどう見てもファウルである事から福良監督は納得できずに試合後に審判ルームに抗議までしました。そして、審判団も再々検証をしたらファウルだったと認めています。

 

 

アナ 豊さんはこれをどういうふうに見ますか?

 

高木 どうって言われてもね。初めてのケースなんでなかなかコメントしづらいですけども。でも、野球のルール上、ゲームセットって言われた瞬間にゲームが終わるわけでしょ。どんな間違いがあっても。

 

アナ はい。

 

高木 これはもう仕方ないかなと思いますね。

 

アナ 結局、記録も変わらないし、勝ち負けでいうとソフトバンクの勝ちなんですが、立浪さんはどう考えますか?

 

立浪 まあ、リプレー検証をして審判団の方が裏でビデオを見てホームランだと判定してしまったので、これはもう覆す事は出来ないと思うんですね。

 

アナ はい。

 

立浪 ただ、現にファウルであると審判団の方が認めているわけですよね。

 

アナ そうですね。

 

立浪 そこで福良監督からしたら納得はいかないでしょうね。

 

アナ だから、この状況から再度試合をやってくれという事を・・・。

 

立浪 それは無理でしょうね。

 

高木 それは無理だよね。同じ状況では出来ないもん。ただ、オリックスの抗議が分かるのは最終戦でソフトバンクとやった時にあれが勝つか負けるかによって優勝するかもしれないという事があったじゃないですか。(※2014年のこと)

 

アナ そうですね。

 

高木 仮にそういう事があったらこの試合が悔やまれるよね。

 

アナ そうなんです。セ・リーグでも2015年に広島の田中広輔がセンターバックスクリーン際で入るか入らないかで、あれが勝っていればという話があったんですよね。(※2015年のCSファーストステージの阪神戦のこと)

 

立浪 ありましたね。

 

アナ だから、そういう事になりかねない。リクエストが始まってこんな事が起きてしまった。豊さん、今後は?

 

高木 今後は間違いがないようにという。もうそれしかないもんね。それか、ルールっていってもゲームを止めてやるわけだから、再々リクエスト、リクエストの権利は2回あるわけでしょ。

 

アナ えぇ。

 

高木 もう1回リクエストしてくれっていうのも作っていいと思いますよ。

 

アナ なるほど。

 

高木 同じ場面で。

 

アナ あと、立浪さん、審判団が見る環境が暗めの部屋の小さなモニターで見ているらしいです。

 

立浪 そうなんですよね。裏に行くと恐らくそういうモニターを見ていると思うんですけど、決してそんなに大きくないモニターだと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

立浪 だから、逆に球場に流れるスクリーンで見る方がよく分かることもありますよね。

 

アナ お客さんもそれで湧きますもんね。

 

立浪 その辺も踏まえて改善してもらいたいですね。

 

アナ 改善の余地というか起きてはいけないことが起きてしまいました。

 

 

以上です。

これは起きてはいけないですよね。何のためのリクエストなのか。この判断をした審判は辞めた方がいいかもしれませんね。

おすすめの記事