2020年9月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で敗戦し、自力優勝が消滅してしまった東北楽天ゴールデンイーグルスについて元中日の井端弘和、元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



アナ 楽天はソフトバンクに敗れて自力優勝が消滅しました。

 

野村 里崎さん、楽天がここに来て苦しくなって踏ん張り所ですかね。

 

里崎 そうですね。今日の先発の石橋も踏ん張ってたんですけど、やっぱり打線がホームランでしか点が取れてないんですよね。

 

野村 うんうん。

 

里崎 そこで打線が繋がっていかないといけないところで、前半戦の調子が良かったところが今と大きな違いかなと思いますね。

 

野村 井端さん、また9月に入って打率と防御率が非常に悪いですよね。

 

井端 そうですね。先発もそうですけど、中継ぎなどの後ろの方もちょっと失点してますので、落ち着いて野球ができてないのが9月の勝敗に表れてんのかなと思いますけどね。

 

野村 そうですよね。今日の試合前のチーム総得点と総失点がどちらもリーグトップなんですよね。

 

試合前の順位得点失点
1位SB331265
2位ロッテ328327
3位楽 天374348
4位西 武326340
5位ハ ム323335
6位オ リ274341

 

野村 里崎さん、この辺で噛み合わないと言いますか、ここに来て打撃陣も投手陣も落ちてきてますよね。

 

里崎 そうですね。開幕当初は何やっても上手くいくという状況でしたけど、今現状は何をやっても上手くいかないという、ちょっと負の連鎖に入って、ここは踏ん張り所かもしれないですよね。

 

野村 本当にそうですよね。

 

アナ そして楽天の三木監督は「何も終わっていませんし、決まっていない。プロのチームとして手は尽くしていく。野球は何が起こるか分からない。明日の試合に向けて全力で向かって行きたい」とコメントされています。

 

 

以上です。

踏ん張りどころがきてますね。
おすすめの記事