2018年5月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs西武戦で家族が見守る雨の中、この日も2000本安打に足踏みをしたソフトバンクホークスの内川聖一の現状について元横浜の高木豊、元横浜の野村弘樹、前ヤクルトの監督の真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の内川の打撃内容】

1打席目 サードファウルフライ

2打席目 ファーストファウルフライ

3打席目 ファーストフライ

4打席目 サードエラー

5打席目 ショートゴロ

 

 

アナ 内川選手、あと一本が出ませんでしたね。

 

高木 ご家族(お父さんと弟さん)も雨合羽を着て応援をされていましたけどね。出なかったということで。内川についてはどうですか、野村さん。

 

野村 内川はタイミングが外されてもヒットにできるバッターじゃないですか。

 

高木 ですね。

 

野村 それがあれだけタイミングを外されて全く内野の頭を越せていない状態なので、打てる打てないを抜きにして、ちょっと状態の悪さが見え始めましたね。

 

高木 そうですね。

 

野村 ちょっと意識している以上に悪いなあっていう。

 

高木 まあ、でも、ピッチャーとしては絶対に打たれたくないでしょ?

 

野村 もちろんです。

 

高木 やっぱりね。一生残るもんね。

 

野村 一生残りますから。

 

高木 真中さん、どういう状態と見ています?

 

真中 はい。もちろん、状態もあまり良くないですけど、内川といえども、やっぱり緊張感があるんですかね。

 

高木 うーん。

 

真中 さすがにね。2000本という。

 

高木 やっぱり、ちょっと意識していますよね。

 

真中 ですね。

 

高木 あの、エラーかヒットか微妙な当たりがあったときに。(8回表の場面でサード前にボテボテのゴロが内野安打にならずエラーになった)

 

真中 そうですよね。だから、内川としたらあれで「決まっちゃえ」と思っていたはずですよ。

 

高木 思っていましたかねぇ。

 

真中 だけど、僕らファンからするといいヒットで決まんないかなと思っているんで、それぐらい今は気持ち的に厳しいんですかね。

 

高木 そうですね。まあ、バットを振らないで体を振っちゃってるっていうような、そういう状態に見えますよね。

 

 

以上です。

内川は早く決めたいでしょうけどなかなか決まりませんね。スタンドから見ている家族もちょっと大変かも。まあ、大雨で地方球場の大宮で決めるのも微妙ですしね。それでも早めに決めてほしいですね。

おすすめの記事