2021年10月18日vs.広島カープ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 伊藤―岩崎-スアレス

広島 九里高橋―コルニエル

 

阪神は3回裏に佐藤の長打からチャンスを作り、坂本の犠牲フライで1点先制。7回裏に糸井の犠牲フライで2点差とする。広島は8回表に長野のタイムリーで1点差に迫る。試合はこのまま進み最後にスアレスが締めて阪神が2-1で勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

7回2失点の先発・伊藤将司について

矢野 ボールのキレ、コントロールの良さ、しっかりと今日もいいところを出してくれた。守りでもファインプレーのベースカバーをしてくれたし、バッティングも悪くない。体が大きいわけじゃないんだけど、そういう事をしっかりやってきていると思うし、トータルで色んな事ができるピッチャーだね。

 

―伊藤に打球が当たった事に関して

矢野 大丈夫。問題ない。

 

―試合を通して

矢野 ゲーム展開としてはスアちゃんに繋ぐことができたし、久々の1本が出たマルちゃん。でも、もっと楽な展開にしないといけないし、欲を言えばしっかりと点を取っておきたかった。

 

 

以上です。

勝ったけどやはり得点が取れない。
おすすめの記事