2018年8月19日vs.東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです

 



【試合展開】

阪神の先発は岩田、ヤクルトの先発は石川で始まる。岩田は初回からバレンティンに2ランを浴びて先制される。更に2回にも西浦にソロを浴びて3点差に。阪神は3回表に糸原、北條が出塁し大山が左中間にタイムリー2ベースを打ち2点を返す。しかし、3回裏に岩田が青木の頭部付近にボールを投げたら当たっていないのに危険球退場を宣告されてここから試合が完全に壊れる。緊急リリーフの岡本が4点取られて5点差となる。更に5回裏には8番井野がランナーを3塁に置いてセーフティスクイズを決めて1点追加。7回表に阪神も反撃態勢に入り北條、ロサリオなどのタイムリーで3点を返し3点差とする。3点差のまま9回表に無死満塁を作り、バッターロサリオの場面でしたが甘い球を見逃して、外スラを空振り、そして甘い真ん中高めの球を打ち上げてサードフライで凡退。続く鳥谷は最悪のゲッツーで試合終了。5-8で阪神の負け。ABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―岩田の危険球退場について

金本 審判が危険球宣告をしたらもう判定は覆らないでしょう。まあ、ビデオ判定もないしね。

 

―初回のバレンティンに打たれた2ランについて

金本 インコースにいかないんだったら、高めとかも使わないのか。

 

―才木が中継ぎの5番手起用について

金本 才木については中継ぎ待機させたんじゃなくて、人が足りないから投げることになった。

 

終始、怒気を含んだ感じだったようです

 

 

以上です。

危険退場は完全に誤審です。あんな判定されたら中継ぎがめちゃくちゃになりますね。

おすすめの記事