2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で横浜DeNAベイスターズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位上茶谷大河投手東洋大
2位伊藤裕季也内野手立正大
3位大貫晋一投手新日鉄住金鹿島
4位勝又温史投手日大鶴ケ丘高
5位益子京右捕手青藍泰斗高
6位知野直人内野手新潟アルビBC

 

アナ DeNAは小園を競合で指名しましたが外れ1位で上茶谷からスタートしたドラフトでした。小関さん、どうご覧になりましたか?

 

小関 まあ、ちょっと100点満点ではないなと自分では思っているんじゃないですかね。

 

アナ はい。

 

小関 やっぱり小園は欲しかったでしょうね。今は大和と倉本がいるんですけど、非常にハッキリしていないので、そこに将来性を見込んで3年4年先の息の長いショートと考えたんでしょうけどね。それが獲れなくて、右投手の上茶谷はチーム事情からしてよく分かるんですけどね。

 

アナ 西尾さんはどうですか?

 

西尾 そうですね。右の力のあるピッチャーが欲しいというね。上茶谷投手が獲れたのはチームとして大きいと思いますね。そして大貫投手も割と即戦力に近いと思います。ただ、小関さんが仰ったように将来のショートとか、知野選手はショートなんですけど、ちょっとそういうところを補えきれなかったのはどうなのかなという。

 

アナ うーん。

 

西尾 伊藤選手もセカンドを守ったりしもしますけど、どちらかと言うとサード、ファーストタイプなので。

 

アナ なるほど。まあ、宮崎がいてロペスがいてという現状がありますよね。

 

西尾 そうですね。まあ、その2人がいなくなった後のというところですかね。

 

アナ という横浜DeNAベイスターズでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

そこまで手ごたえがあるようには見えない感じのコメントでした。

おすすめの記事