2018年4月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs中日戦で6連勝となった横浜の走塁についてデーブ大久保とヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの山田幸美(以下アナ)と共に語っています。

 



アナ DeNA絶好調ですね。要因はどういったところにあるんでしょうか。

 

大久保 走塁ですよね。走攻守って言うぐらい、僕は『走』は大事な作戦で1番頭にきてもいいぐらい。

 

アナ はい。

 

大久保 その中で、足が速い選手がいるのは条件なんですけども、みんなが次の塁を狙うとか。今までになかったパターンはランナーが出て送るんじゃなくて、走って送って1点を取るみたいな。

 

アナ はい。

 

大久保 あと、ランナーが1・3塁のケース。1・3塁のケースだけどキャッチャーは1塁ランナーが走ってきたらセカンドでアウトにするでしょっていうサインがほぼ100%の確率で出るんですよ。その時に横浜ベンチはランナーにディスボール、今のこの球で盗塁しなさいと、キャッチャーが投げないぞという時にそのサインを出すのは監督にとっては怖いサインだと思うんですけど、真中さんはディスボールのサインはどうですか?

 

真中 やっぱり根拠がないとなかなかそのサインは出せないですよ。

 

大久保 ねぇ。

 

真中 単独でアウトになってしまうと、ベンチもすごく空気が悪くなってしまうんで。だから、相手のクイックとキャッチャーの能力を比べて確実にセカンドに行けるケース以外はなかなか出せないサインです。

 

大久保 出せない。年回に何回かですよね。

 

真中 そうですね。勇気のいるサインですよね。

 

大久保 それを見事にベンチも根拠に基づいたものでサインを出す。それで盗塁を決める。これが大きい。そうなると、セカンドに投げるなというサインもあるじゃないですか、里崎さんね。

 

里崎 はい。ありますね。

 

大久保 あの時に盗塁されるって、「ほんとこいつら野球知っているな」と思わないですか?

 

里崎 まあ、僕の責任じゃないなと思うだけです。

 

一同 (笑)

 

大久保 お後がよろしいようで。そういう選手もいますからね(笑)

 

 

以上です。

横浜の機動力はかなりやっているみたいですね。走れる選手が頑張っていますね。里崎はとりあえず自分の仕事を全うすることを考えるタイプなんでしょうね。

おすすめの記事