2018年4月21日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsヤクルト戦でファインプレーあり、決勝ホームランありの横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の斉藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



 

【この日の筒香の打撃内容】

1打席目 四球

2打席目 左犠飛

3打席目 二ゴロ

4打席目 四球

5打席目 右本(トップタイの5号)

シーズン打率.259(4/21の試合終了時点)

 

 

アナ 筒香が打って守って決めました、明雄さん。見事でしたね。

 

斉藤 そうですね。筒香の守備は少し目を瞑るところもあるんですけど、良い守備もありました。レフトのポジションでしっかりとやっていますよね。フェンスが怖いフライでしたが勇気を持って捕りました。

 

アナ そして、最後はホームランで決めるという。

 

斉藤 これねぇ、見事としか言いようがないですね、このホームランの打ち方はね。

 

アナ 絵になる男が。

 

斉藤 2打席目の犠牲フライの時でもちょっと悔しがっていたと思うんですよ。その辺が最終打席に花開いたかなという感じですね。

 

アナ 大矢さん、筒香がきましたね。

 

大矢 そうですね。まあ、DeNAは筒香が活躍すれば勝てるという、そういうゲームだと思いますけども。

 

【ここからDeNAの中継ぎ陣の話】

アナ まあ、両チームにミスもあったんですが、ピッチャーの話では先発のバリオスが崩れた後のことなんですが、DeNAは中継ぎが崩れてゲームを落とすというのが何年か前にそういう印象があったんですが、中継ぎ陣が見事にリリーフしました。

 

斉藤 ありましたよね。それが今年から井納がリリーフになったから、早い回に三嶋とかをつぎ込めるんですよね。

 

アナ はい。

 

斉藤 ここで三嶋は頑張らないといけないという気持ちでマウンドに上がったと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

斉藤 それで、しっかりとピッチングできたんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。大矢さんはどうご覧になりますか?

 

大矢 うん。三嶋は去年より少し軸足に体重が乗っている時間が増えたように思うんですよね。

 

アナ なるほど。

 

大矢 今年って二段モーションがなくなったしね。ルールが緩くなったんで随分としっかりとバランス良く投げているなと。

 

アナ なるほど。

 

大矢 そういう今日は良いピッチングでした。

 

アナ 中継ぎ陣が頼りになるDeNAはこれからも強い気配が続きそうです。

 

 

以上です。

筒香が勝負強さを発揮したらかなり強いですよね。中継ぎも鉄壁なら隙もなくなってきそうですがこれからどうなるのでしょうか。

おすすめの記事