201974日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日vs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で勝利し首位攻防戦3連勝となった福岡ソフトバンクホークスで暴れまくったグラシアルについて楽天で監督をしていたデーブ大久保、元巨人の松本匡司、中日で監督をしていた谷繁元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



デーブ、谷繁、松本が語る

この日のグラシアルの打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点2)
2打席目 レフト前ヒット
3打席目 レフトホームラン(打点3)
4打席目 ライトフライ
今季 率.341 本19 点46(7/4時点)

 

稲村 ソフトバンクが楽天との首位攻防戦で3連勝。チームは7連勝です。これで楽天とのゲーム差が5に開きました。

 

大久保 はい。谷繁、6回のグラシアルの打席を見てほしいんですけど、初球の真っ直ぐ系の球を悠然と見逃して微動だにしないんですよね。

 

谷繁 はい。

 

大久保 それで楽天のピッチャーは青山なんですけど、カウント球も勝負球もスライダーなんですけど、初球の真っ直ぐ系の球を見逃した後にまた真っ直ぐ系の球を投げたらホームランを打っちゃう。これ脅威じゃないですか?

 

谷繁 そうですね。まあグラシアルは自分の弱点も分かっているんでしょうね。だから、スコアリングポジションにランナーがいる時には自分に対してはインサイドが多くなるというところで、とりあえず入り球を見たんだと思いますね。

 

大久保 なるほど。

 

谷繁 そこで「やっぱりインサイドに来たな」と。ということでインサイドに張っていて実際にインサイドに来てホームランにしたと。

 

大久保 なるほど。松本さん、グラシアルみたいな外国人がいると大きいですね。

 

松本 大きいですよね。もう本当にデーブさんが言ったように本当に微動だにしないんですよね。

 

大久保 しないんですよね。その後にホームランですしね。

 

松本 だからしっかりとボールを見るんですよね。

 

大久保 そうですよね。まあ、グラシアルがキューバに一時帰国するんでね。他球団はいかにそれを待つかですね()

 

 

以上です。

最近めちゃくちゃ打ちます。
おすすめの記事