2018年4月21日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島戦でプロ初勝利の中日ドラゴンズのドラフト1位ルーキーの鈴木博志について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の斉藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。後半にちょっとモヤについての話題もあります。

 



【この日の鈴木の投球内容】

1回1/3、被安打0、奪三振2、四死球0、失点0

今季通算1勝0敗 防御率0.00(4/21の試合終了時点)

 

 

アナ この鈴木博志というのは大きいですね、明雄さん。

 

斉藤 うん。入団した時から後ろをやりたいということで、クローザーをやりたいということで、気の強いピッチャーだと思いますし、自分のボールをしっかり信じて投げんでいるという感じがしますね。

 

アナ はい。

 

斉藤 これが打たれ出して怖さが出てきた時にどうかなと心配もありますけどね。

 

アナ はい。大矢さんはどうご覧になりますか?

 

大矢 そうですね。まあ、度胸がいい。

 

アナ はい。

 

大矢 それと、球が速い。まあ、それでいいんじゃないですか。打たれることを考えずに。

 

アナ はい。

 

大矢 やられるまではこのまんま思いきってやってもらえれば。

 

アナ 自分を信じていってほしいですよね。

 

大矢 はい。

 

アナ もう1人活躍したのがビシエドがいない中でモヤ。

 

大矢 こんなに飛ばすような感じじゃないバッターでしたけどね。素晴らしいホームランでしたね。

 

アナ 2メートル1センチてす、明雄さん。

 

斉藤 バッターボックスに入ってあんまり力感を感じないんです。

 

アナ はいはい。

 

斉藤 だから、スッといったときにコンとやられている感じだと思うんですよね。昔、デービス(元近鉄?)っていたじゃないですか。

 

アナ はいはい。

 

斉藤 あんな感じですよ。

 

アナ なるほどね。

 

 

以上です。

鈴木が初勝利です。あの伸びが凄まじいボールはいいですよね。クローザー志望らしいですが、シャーザーみたいに先発で伸びまくりのストレートで抑えるのも見たいですね。あと、モヤが通用するとなるとビシエドの扱いは今後どうなるんでしょうか。

おすすめの記事