2018年4月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島で2018年今季初勝利をようやく上げた巨人の菅野智之についてデーブ大久保とヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也が語っています。

 



【開幕してから登板した菅野の3試合の投球内容】

3/30 vs阪神 7回120球、被安打12、奪三振6、四死球0、失点5

4/16 vsヤクルト 6回94球、被安打7、奪三振6、四死球1、失点5

4/13 vs広島 8回119球、被安打6、奪三振10、四死球3、失点1

今季通算1勝2敗 防御率4.29(2018年4月13日の試合終了時点)

 

大久保 里崎さん、立ち上がりの菅野は、シンカーを覚えてスライダーの曲がりが良くないとか色んな心配していて、その辺が続いているんじゃないかと思ったんですけど。

 

里崎 そうですね。前回の登板もそうだったんですけど、やっぱり菅野は相手バッターからすると追い込まれたら困るんで早いカウントから振ってくるんですよね。

 

大久保 うん。

 

里崎 それで早く振ってくるところで甘くなって痛打されて大量失点を喰らっていたんで、今日も立ち上がりは甘くなりたくないからコースを狙った結果、厳しいところに投げ込むことによってカウントが悪くなったりとか、甘くなって打たれるというレベルが高いゆえのミス投球になりましたよね。出来るからこそというところですよね。

 

大久保 変わって中盤。点を取ってもらってから僕は思いきったことができたんじゃないかという印象があったんてすけど。

 

里崎 点を取ってもらって中盤以降からは球数も少なかったですし、甘めに強い球をドンドン投げていたんですよね。

 

大久保 はい。

 

里崎 そういうことによってバッターは1球で終わったりとか早くストライクを取られるからボール球を振ったりして球数も少なくなって本来の菅野のあるべき姿が見えたなと思いますね。

 

大久保 なるほど。先週に真中さんと一緒に菅野を見ていて非常に心配だったじゃないですか。

 

 

真中 そうですね。まあ、本人が今日の試合が不安だったと思うんですよ。

 

大久保 そうでしょうね。

 

真中 そんな中で立ち上がりにいきなり点を取られて、そして坂本が打ってすぐに味方が援護したってところで本当に菅野が救われましたよね。

 

大久保 そうですよね。

 

真中 ヒーローインタビューを見ていても「今日は忘れられない日になった」と言っていて、それぐらい本人は開幕からの2連敗に対して重い気持ちがあったんじゃないですか。味方の援護に助けてもらったというのをヒーローインタビューを見ていて伝わりましたね。

 

大久保 あの言葉と今日の後半のピッチングを見たら、菅野は調子戻ったなと思ったんですけど。

 

真中 そうですね。あれぐらい力を抜いて菅野らしく投げられれば問題ないと思うんですけど、どうしても菅野と言えども結果が伴わないと不安なんでしょうね。

 

 

以上です。

菅野がようやく勝ちました。味方の援護に本当に助けられたようです。これから強烈な巻き返しがあるかもしれません。

おすすめの記事