2018年6月14日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.西武戦で決勝打を放った東京ヤクルトスワローズの雄平について、そして後半では中継ぎ陣について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、デーブ大久保がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



【この日の雄平の打撃力内容】

1打席目 レフトフライ

2打席目 空振り三振

3打席目 セカンドゴロ

4打席目 センター前ヒット

5打席目 ライト前ヒット(打点1)

 

 

アナ ヤクルトはこれで交流戦で11勝目をあげ、なんと6カード連続の勝ち越しとなりました。勢いがありますね。

 

平松 本当に交流戦に入ってからピッチャーも頑張っていますしね。防御率はいいし、ピッチャーが抑えていると打線がカバーして打つんですけど、何と言っても今日は雄平のバッティングがね。8回表に特徴のある上から叩きつけるバッティングで9回にも西武の増田から決勝打を放って。

 

アナ はい。

 

平松 苫篠さん、雄平は思いきりのいいバッティングをするんだけど、上から叩きつけるようなね。

 

苫篠 そうですよね。シーズン前半は悪かったですよね。少し前に突っ込んでダウンスイングをしていたんですけど、今は呼び込みながら叩きつけるようバッティングになりましたよね。

 

平松 デーブ、これぐらい元気になると、投手陣がいいんだけど、チームが上向いてくるというか、借金が11あったのがもう1つになっていますからね。

 

大久保 そうですね。やっぱり、ピッチャーが頑張っているっていうのが一番ですけど、こうやって打ってくれれば投手陣も楽ですしね。

 

平松 そうですね。

 

大久保 雄平が上向いてきたのが大きいですよね。

 

【ここから中継ぎ陣の話題に】

平松 はい。それで、リリーフ陣がね。

 

この日のリリーフ陣

原  2回、被安打1、奪三振3、失点0

近藤 1回、被安打0、奪三振2、失点0

石山 1回、被安打0、奪三振2、失点0

 

 

平松 今日は近藤が勝ち投手になりましたし、石山もいい。そして、原樹里が先発で失敗したんでリリーフに回っているんだけど非常にいいんですよ、デーブ。

 

大久保 もともと原樹里は絶対的なエースになれるピッチャーだなと思っていたんですけど、中に入ってもいい味出していますよね。

 

平松 そうですよね。まあ、短いイニングでキレのいいボールを投げるからこの形が良いのかなと思いますよね。

 

大久保 いいんですよね。

 

アナ この調子でヤクルトが勝ち星を伸ばすのか。

 

平松 あと1つ2つ勝てばもう優勝ですよ。

 

 

以上です。

もう本当に流れがかなりいいですね。交流戦はもう優勝でしょうし、リーグ戦に戻っても止まりそうにないですね。投手陣が整備されたのがかなり大きいですね。

おすすめの記事