2018年7月27日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先発し8イニングを2失点の好投で10勝目をあげて、自身初の2桁勝利となった北海道日本ハムファイターズの上沢直之について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の上沢の投球内容】

8回116球、被安打8、奪三振7、四死球2、失点2

今季10勝3敗 防御率 (7/27の試合終了時点)

 

【上沢のヒーローインタビューの一部】

上沢 (自身初の2桁勝利までに)7年掛かっているんで、やっとという思いもありますし、今まで散々チームの期待も裏切ってきたし、やっとできて嬉しいです。野手の方がたくさん点を取ってくれたので明日からの試合もスゴい頑張ってほしいです。

 

 

大久保 江本さん、上沢をご覧になってどうですか?

 

江本 まあ、滅多に見ないけど、顔がいいよね。

 

大久保 顔がいいですか(笑)

 

江本 うん。顔がいい。やっぱり、ピッチャーはああいう顔をしないと。

 

大久保 そうですね。

 

江本 あのね、パッと見てもストレートの角度がいいよな。

 

大久保 角度っすか。

 

江本 うん。角度がいい。色んな変化球も投げるんだけど、コントロールもこのピッチャーはいいよな。

 

大久保 そうですね。

 

江本 だから、本来はもっと勝ってもおかしくないんだけね。何が悪いのかよく分からないんだけどね。

 

高木 まあ、投げ方が変わらないって言いますよね。変化球を投げても、真っ直ぐを投げても腕の振りとかの投げ方が変わらない。

 

大久保 なるほど。

 

江本 それを投げるのもやっぱり角度が凄くいい。ストレートを上から投げる角度で変化球も投げているから打ちにくい。だから、そこがいいところじゃないかな。

 

高木 角度って一つの球種みたいなもんですからね。

 

江本 うん。ピッチャーにとって角度は大きな武器。

 

大久保 なるほど。上沢は本当に成長しています。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

キレイな腕の振りをして上から投げ下ろす感じです。しなやかな感じがかっこいいですね。

おすすめの記事