20191013日にTBSで放送された『S1』で巨人の2000年代のドラフト戦略について槙原寛己と中居正広とTBSアナウンサーの伊藤隆佑が語っています。

 



2000年代の巨人のドラフト1位
2018 高橋優貴 投手  2008 大田泰示 野手
2017 鍬原拓也 投手  2007 藤村大介 野手
2016 吉川尚輝 野手  2006 坂本勇人 野手
2015 桜井俊貴 投手  2005 辻内崇伸 投手
2014 岡本和真 野手  2004 野間口貴彦 投
2013 小林誠司 捕手  2003 内海哲也 投手
2012 菅野智之 投手  2002 木佐貫洋 投手
2011 松本竜也 投手  2001 真田祐貴 投手
2010 澤村拓一 投手  2000 阿部慎之助 捕
2009 長野久義 野手

 

アナ まず巨人の2000年代のドラフト1位選手です。やっぱりいい選手が揃ってますかね。

 

中居 この赤くなってるのは何ですか?

 

アナ はい。そこなんです。歴代色んな選手がいましたが、ジャイアンツのドラフト1位指名で高校生投手を指名したのが赤文字なんです。

 

中居 この20年ぐらいの間で?

 

アナ はい。

 

中居 3人しか高校生ピッチャーを指名してないの?

 

アナ そうなんですよ。

 

中居 何でですか?

 

槙原 まあ93年ぐらいからFA制度ができましたから。私たちが入った頃の80年代は育てていこうっていうことだったんですよ。

 

中居 80年代だとマキさんに水野さんに桑田さん、木田さん、橋本さん。

 

槙原 そう。もう高校生ばっかりでしたよ。そこからシフトしていって、FAで育てなくても色んな選手を獲得しようというのが可能になってきたからチーム編成上、そっちに比重を置くようになっていったんでしょうね。

 

中居 とはいえ、2000年代でも高校生の指名はしてるんだよね。くじ引きで外れて大学生にいったりしてますもんね。

 

槙原 はい。

 

中居 でも野手も獲得してるのが少ないですよね。

 

 

アナ それで巨人はくじ引きになると競合するという話が出てきましたが、こんなデータもあるんです。

 

巨人の2000年代以降のくじ引き戦績
2勝8敗(全10回)

 

アナ 2000年以降で28敗。

 

中居 えっ?(険しい顔)

 

アナ くじ引きのドラフト1位の戦績です。

 

中居 借金6もあるじゃないですか。なにこの戦績・・・。

 

アナ 中居さんの言葉通りのデータ。

 

中居 こんなに勝ってないんですか?

 

アナ 1位を引き当てた2勝は2005年オリックスとの競合での辻内崇伸、2008年ソフトバンクとの競合での大田泰示。

 

中居 こればっかりはどうしようもないですよねぇ。

 

槙原 高橋由伸監督時代はくじを引いた時には当たりくじが残ってなかった。

 

 

巨人のここ3年の抽選結果
2016 田中正義 →佐々木千隼→吉川尚輝
2017 清宮幸太郎→村上宗隆 →鍬原拓也
2018 根尾昴  →辰己涼介 →高橋優貴

 

中居 今年は原さんが引くのかな?

 

槙原 原さんが引くでしょう。

 

中居 ここ3年を見ると、田中とか清宮とか根尾って目玉にはいってるんですよね。

 

槙原 そうですね。まあジャイアンツの場合は優勝もしてるし、原監督なので期待値上がるんじゃないの?

 

中居 うーん。くじ引きでガッツポーズしたのはミスターが引き当てた松井秀喜さん以来、あんまり印象ないんですよ。

 

槙原 ないですね。

 

中居 あれって93年とかでしょ?

 

槙原 そうですね。

 

中居 だから30年ぐらいないんですよ。

 

アナ 巨人ファンも同じ気持ちなんでしょうね。

 

中居 同じですよ。多分無理だろうなって見てますもん() 28敗というのはビックリするなあ。

 

 

以上です。

巨人は逆指名で美味しい思いもしてますからね。
おすすめの記事