2018年4月22日にTBSで放送された「S-1」という番組で野村克也がこの日の西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズの試合をぼやき解説しております。ほぼ西武目線です。

 



【3試合連続で9得点の西武打線について】

野村 色んな打線を見てきたけど、すごい打線じゃないよ。スーパースターがいないもんな。やっぱり監督が変わればチームが変わる典型じゃん。

 

【西武の辻監督はヤクルト時代の教え子】

野村 (辻監督は)タイプ的に好きな選手。完全に彼は脇役っていうことに徹しきってプレーしているから。西武の球団としては監督にして正解じゃないの。

 

【初回の秋山の盗塁を見て】

野村 いいスライディングだわ。よくセカンドを見て滑ってる。ただ滑ってるんじゃなくて。さすが秋山だな。

 

【初回にエラーをしたロッテのファースト井上を見て】

野村 なにこのファースト。お粗末すぎるよ。

 

【初回の浅村のHRを見て】

野村 ハハハ。完璧だ。ワンサイドゲームになるよ、これ。俺の出番を作ってちょうだいよ。(浅村のホームランは)ホームラン競争みたいな球だな。「どうぞ打ってください」で「打てるもんなら打ってみやがれ」というのが一つも出てないし、もたないよこのピッチャー。

 

その後も西武の怒濤の攻撃が続く

 

【4回裏の山川のホームランを見て】

野村 常識はずれの強打者だね。だいたいホームランバッターにはストレートが危ないというのが常識じゃん。山川は変化球の方が危ない。

 

【山川は変化球が得意な理由をバットを持って解説】

野村 こう入るでしょ。(構えているときにバットのヘッドがピッチャーに向いている状態)

 

(続けて)

 

野村 これをこのまま打てねーからバットを振るときに余計な動きをする分だけバットの軌道が大きくなるじゃん。(軌道が大きいのでタイミングが微妙に遅れてストレートよりも変化球に合わせやすいということ)

 

(続けて)

 

野村 彼独特の打ち方だ。変化球にピッタンコ合うわ。

 

【快勝した西武の辻監督に電話することに】

野村 もしもし。

 

辻 もしもし、お疲れ様です。

 

野村 辻か?

 

辻 はい。そうです。

 

野村 久しぶりだな。

 

辻 はい(笑)

 

野村 打線がすごいってのは非常に目に付くんだけど何かアドバイスしての?

 

辻 自分でタイミングが合ったらしっかり振るということです。野村監督にいっぱい教えて頂きましたから(笑)

 

野村 俺は何も参考にならんよ。長生きの秘訣なら教えるよ(笑)

 

辻 ハハハ(笑)

 

野村 優勝したら西武球場に行くから。

 

辻 はい。ぜひ久しぶりに。

 

 

以上です。

西武打線はとにかく打ちまくりですね。それにしても最後に電話してるのはビックリですね(笑)

おすすめの記事