2019615日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で先発し、キャリアワーストとなる21/3KOとなった北海道日本ハムファイターズの金子千尋について元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの大川立樹と共に語っています。

 



金村が語る

この日の金子の投球内容
2回1/3 85球、被安打7 奪三振1 四球3 失点6
今季3勝4敗 防御率4.47(6/15の試合終了時点)
2回1/3でKOはキャリアワースト

 

アナ 日本ハムが巨人に敗れ、先発の金子投手はプロ最短の21/36失点でKOとなりました。金村さん、今日の金子投手はどうでしたか?

 

金村 僕も長いこと金子千尋を見てますけど、これだけ立ち上がりが悪い金子を見たのは初めてですね。

 

アナ はい。

 

金村 これどこも悪くないとは思うんですけどね。マウンド上で本人の表情にも出てますし、なんせストライクが入らないというね。そこでストライクが入ったときには棒球でホームランを打たれる。

 

アナ はい、

 

金村 ストレートのキレもなければ、もちろん変化球のキレもないですし。

 

アナ うーん。

 

金村 ちょっとこの先が心配になってくるような投球内容ですよね。

 

アナ 次回の登板には期待したいですよね。

 

金村 まあどういう風になるか。試合後のコメントも出てますけどね。

 

金子千尋の試合後のコメント
今日は感覚的に感じが良かったので力任せにいってしまい、変化球のコントロールがなかった。もう少しストライクからボールになるように投げたかった。

 

アナ 感じが良かったので力任せになり変化球のコントロールがなかったと。

 

金村 なるほど。でも見ているとね、感じが良かったようにも見えないですし、力任せにもいっているように見えなかったんで。まあ次回の登板をどういう格好で出てくるのか、ちょっと楽しみに注目したいですね。

 

アナ そうですね。オリックス時代の金子を見ているだけにちょっと心配です。

 

 

以上です。

年齢的な衰えもあるでしょうかね。
おすすめの記事