2019615日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦の第3打席にホームランを打ったもののまだまだイマイチな読売ジャイアンツの岡本和真について横浜で監督をしていた大矢明彦と元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



今季の岡本の成績

62試合 打率.255 打点39

本塁打12(6/15の試合終了時点)

 

 

大矢と金村が語る

この日の岡本の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 サードエラー
3打席目 ライトホームラン
4打席目 見逃し三振
5打席目 セカンドゴロ

  

アナ 巨人が日本ハムに勝利。大矢さん、巨人の第89代の4番の岡本。4番に復帰し今日は緩いボールを広い札幌ドームのライトスタンドに12号ホームランを運びました。

 

大矢 これはもうしっかりと溜めてから打ってるんですよね。

 

アナ うーん。

 

大矢 こういうひと溜めができると、穴が少なくなりますけども。まあまだ若いんでね。良かったり悪かったりがあると思いますね。

 

アナ そうですね。

 

大矢 でも、この感覚を覚えといてもらいたいですね。

 

アナ なるほど。金村さん、岡本にはもっともっとやってほしいんですが。

 

金村 いやぁ、去年は3割打ってますしね。これでもまだまだですよね。

 

アナ そうですね。

 

金村 ただ、このホームランのあとの打席でも乗っていくのかなと思うと、ボールスリーから3球見逃し三振するんですよ。

 

アナ はい。

 

金村 ストレート3球をね。だから、まだどっかで悩んでる感じがするんですよね。

 

アナ そうですか。

 

金村 スイングも後ろが大きくて、ちょっとカチ上げてる感じなんですね。

 

アナ なるほど。

 

金村 本人もまだ心底の笑顔が出てないですよね。

 

アナ 「やった!」って感じがないですよね。

 

金村 そうですね。

 

アナ 突き抜けるような笑顔になってもらいたいと思います。

 

 

以上です。

イマイチ調子が上がりませんね。2年目のジンクスっぽいです。
おすすめの記事