2020年9月30日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し、1467日ぶりの先発勝利を飾ったオリックスバッファローズの増井浩俊について元横浜の平松政次、ヤクルトで監督をしていた真中満、中日で監督をしていた谷繫元信がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



増井のヒーローインタビューの一部

増井 リリーフから先発に投げる場所を与えてもらって、何度もチャンスも貰っていたので、何とかチームを勝たせたいという思いで臨みました。リリーフで上手くいかなくて、先発で何とか一つ結果を残したので、これからもどんどん結果を残して恩返ししていきたいと思います。

 

 

増井を語る

この日の増井の投球内容
6回84球 被安打2 奪三振5 四球5 失点0
1467日ぶりの先発での勝利!

 

アナ 増井投手は1467日ぶりの先発での勝利となりました。

 

真中 2016年には先発で8勝もしているピッチャーなんですよね。谷繁さん、今日の増井はどうでしたかね?(※2016年は10勝していますが先発では8勝)

 

谷繁 抑えというポジションを期待されて日本ハムからFAでオリックスに行ったんですけど、やっぱり抑えって相当プレッシャーがありますからね。

 

真中 ありますね。

 

谷繁 そこで1球もミスもできないという状況で、そこからちょっと解放されたようなピッチングに見えるんですよね。

 

真中 なるほど。平松さんは増井の投球をどのようにご覧になりましたか?

 

平松 うん。抑えの頃は1球1球を全力で投げていたんだけど、今日なんかは余裕がありながらで80%で投げられる。それが先発なんだよね。

 

真中 はい。

 

平松 そういう気分的なものがあったような気がしますね。

 

真中 本人も謙虚に、先発のポジションを与えられてチャンスを貰った、と語ってましたからね。

 

平松 うんうん。頑張って良かったと思うよね。

 

真中 まだまだ頑張ってほしいですね。

 

 

以上です。

先発でいけるなら戦力になりますね。
おすすめの記事