2018年11月10日に日本テレビで放送された「Going! Sports & News」でこの日の侍ジャパンvs. MLBオールスター戦で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が見せた凄いところを赤星憲広が番組MCの上田晋也と共に語っています。

 



この日の試合は侍ジャパンvs. MLBオールスター戦の第4打席の柳田のセンター前に落ちるポテンヒットについて赤星が語ります

 

上田 赤星さん、この試合でバッターのベストプレイヤーはどなたでしょう?

 

赤星 もう柳田選手ですね。

 

上田 やっぱり。

 

赤星 はい。僕は4打席目のポテンヒットにちょっと凄さが隠されていると思うんですけど。

 

上田 そうなんですか。

 

赤星 あれはメジャーリーガーがリスペクトした証拠かなと思うんですね。

 

上田 ほー。

 

赤星 伏線は2試合連続で打ったホームランだと思うんですね。

 

上田 うん。

 

赤星 それで、彼はフルスイングが持ち味の選手ではあるんですけど、このフルスイングというのは僕から言わせてもらうとメジャーの選手たちなら当たり前のようにしていると思うんですよ。

 

上田 はい。

 

赤星 それで、この第4打席の当たりで外野手の一歩目が後ろに下がってしまっているんですね。

 

上田 そうなんだ。

 

赤星 メジャーの外野手はこういうのに慣れているにも関わらず、柳田選手にフルスイングをされて一歩下がるということは、柳田選手は後ろにしか打球が飛んでこないと、メジャーの選手たちが思いながら守っていると思うんですよね。

 

上田 へぇ~。

 

赤星 だから、ただ単にフルスイングを見て一歩目が遅れたっていう話だけじゃなくて、これはメジャーではあり得る話でメジャーの選手たちが認めた証拠なんじゃないかと感じたヒットだと思いますね。

 

上田 それは気持ちいいですね。

 

赤星 そうですね。

 

上田 メジャーリーガーをパワーでびびらせたというね。

 

赤星 もうしてやったりのポテンヒットだと僕は思いますけどね。

 

上田 それはいいねぇ。

 

 

以上です。

ホームランを打っているからメジャーリーガーも警戒しているんでしょう。

おすすめの記事