2020年9月23日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で勝利で球団3000勝となった埼玉西武ライオンズ。その中でドラフト2位ルーキーの浜屋翔太とドラフト5位ルーキーの柘植世那のルーキーバッテリーについて元南海阪神の江本孟紀、元ロッテの里崎智也、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



アナ 西武は日本ハムに勝利し、メモリアルとなる球団通算3000勝です。そしてルーキーの浜屋投手が2勝目です。その浜屋投手は試合後に「最初の打者をもっとしっかりと抑えられるようにしないといけない」と課題を口にしていたんですが、辻監督は「苦しかったのは2回だけ。あとは持ち味の低め低めに投げられていた」と労いの言葉をかけられていました。

 

真中 うんうん。実際には3回からは3者凡退もありましたしね。粘りのピッチングができていましたね。ルーキーバッテリーで2勝目です。

 

この日の浜屋の投球内容
5回1/3 85球 被安打3 奪三振2 四球4 失点4
今季2勝0敗 防御率6.30(9/23の試合終了時点)

 

真中 江本さん、浜屋と柘植のルーキーバッテリーについてどうですか?

 

江本 まだ若いしね。20代前半でしょ?

 

真中 そうですね。

 

江本 うん。西武はとにかく若くて先発できるピッチャーがどんどん出てこないとしんどいんでね。それでその内の1人だと思うんでね。まあ、これからじゃないですか。

 

真中 うんうん。里崎さん、この2人についてはどうですか?

 

里崎 前回の試合でもそうでしたけど、浜屋は腕の振りが若干遅れてくるというところで球速以上の速さをバッターに感じさせる中でのチェンジアップが非常に効いたピッチングでしたよね。

 

真中 うんうん。

 

里崎 あとは柘植がまたいい形でリードをして、バッティングでもいいところを見せましたからね。

 

この日の柘植の打撃内容
1打席目 ショートフライ
2打席目 レフト前ヒット(打点1)
3打席目 フォアボール
4打席目 ショートゴロ
4回裏にはプロ初盗塁を成功

 

里崎 そういう意味でこのドラフト2位と5位のバッテリーは素晴らしい活躍をしてるんじゃないでしょうか。

 

真中 今は正捕手の森が苦しんでいるんでね。この柘植が刺激になればいいですよね。

 

里崎 そうですね。この柘植の出現というのはチームにとっても、森にとっても大きい存在になってるのかなと思いますね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

森は打たないと存在感を出せないでしょうね。
おすすめの記事