2020723vs.広島カープ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 藤浪―望月―藤川―伊藤

広島 森下―フランス―塹江―一岡

 

阪神の先発は藤浪で今季初登板。初回にピンチを迎えるが、4番鈴木誠也をゲッツーに抑えて無難な立ち上がり。阪神は1回裏に大山の2ランで先制。藤浪は5回を無失点で抑えていましたが、6回表に2つの四球などで満塁のピンチを作り、2アウトまでいくがピレラに満塁ホームランを打たれて一挙に逆転されてしまう。試合はこのまま両チーム、チャンスがありましたがスコアは動かず2-4で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―藤浪の投球内容について

矢野 立ち上がりから晋太郎らしく腕を振って投げてくれた。満塁ホームランは勝負にいった結果。勝ち投手の権利もあり、ピンチを背負ってしまって力みもあったが、勝負にいった結果なので仕方がない。

 

―藤浪の次回登板は

矢野 もちろん先発させるよ。

 

―8回に登板した藤川球児の状態について

矢野 あれでいいとは球児自身も思っていないだろう。1軍にいるとなかなか調整が難しいから、抹消で有意義な時間が取れたと思う。経験もあるしまだまだ上がってくる。俺としては今後、抑えとして起用したいという気持ちがあるんだけど、そこはチーム状況を見ながらやっていくよ。

 

―スタメン落ちが続くボーアについて

矢野 本来は先発で4打席立ってもらうことでチームに貢献してもらう選手だ。もちろん怪我があるんだけど、長引かせないように相談しながら、こちらも考えながらやっていきたい。

 

 

以上です。

藤浪らしいという内容でしたが使っていけばイニング稼ぐでしょう。なお次からはビジターゲームになるのでヤノコメをレポートしてくれる放送局はほぼないと思います。
おすすめの記事