2020722日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で打てずに開幕から打率2割台と不振に喘いでいる埼玉西武ライオンズのキャッチャー森友哉の打撃についてヤクルトで監督をしていた真中満と元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



今季の森友哉の成績(7/22の試合終了時点)
打率.247 本塁打2 打点12

 

アナ 西武はロッテに敗れました。

 

真中 心配なのがキャッチャーの森選手ですよね。金村さん、ちょっとバッティングの状態が上がってきません。今日は守備の方でもミスも出たりでした。

 

金村 疲れでしょうねぇ。

 

真中 うーん。それもありますよね。

 

金村 去年は大活躍でMVPも獲って、今年はコロナ禍での調整というのは難しかったでしょうしね。ちょっとバッティングで焦ってるみたいですね。

 

真中 普段の森らしくないという感じですけど、必ず上がってくる選手ですよね。

 

金村 そら打ちだしたら止まらないと思いますけどもね。

 

真中 そうですよね。

 

金村 見ててもちょっと覇気がないですよね。精彩を欠いていますね。

 

真中 うーん。ちょっと西武のピッチャーも打たれるケースもあって本人的にも乗り切れない部分があるんでしょうね。

 

金村 そうでしょうね。

 

真中 でも、西武は森選手に頑張ってもらわないと勝てませんからね。

 

アナ そうですね。まあ今年は試合数が減ってるとはいえ、まだ100試合近くありますからね。

 

真中 そうですね。

 

アナ 活躍を期待したいと思います。

 

 

以上です。

キャッチャーなのに2割5分ぐらいで不振扱いですから凄い選手です。
おすすめの記事