2020年10月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で代打で登場し、プロ初打席で初ヒットを放った横浜DeNAベイスターズの森敬斗について元ロッテの里崎智也と楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



森敬斗 18歳
2002年1月28日生 175cm・75kg 右投左打
桐蔭学園高―DeNA(2019年ドラフト1位)
プロ初打席であわやホームランの2塁打!

 

アナ DeNAがロペス選手の満塁ホームランなどもあり、巨人に快勝です。里崎さん、この試合で気になったところは?

 

里崎 やっぱりルーキー森選手のプロ初打席。反対方向に素晴らしいバッティングでしたよね。力強さもありましたしね。

 

大久保 うんうん。

 

里崎 しかも昨日(10/26)はドラフト会議がありまして、ドラフト2位に中央大学の牧選手を、同じ内野手を獲得したというところで、「負けないぞ!」という一発でしたね、これは。

 

大久保 なるほど。

 

里崎 「俺がレギュラーいくんだ!」と。1年前のドラフト1位ですから、「負けないぞ!」という思いが詰まった1本だったと思います。

 

大久保 確かに。

 

アナ ちなみに試合後にプロ初安打の喜びより、あと僅かで柵越えだった打球が悔しかったようで、「もう少し体重があれば、ウエイトをしていれば」という次へ向けての反省も込めてのコメントを残しました。

 

大久保 ほぉー。

 

里崎 僕だったら打った瞬間、それが嬉しくて、それだけだったと思います。

 

アナ はい(笑) 逸材っぷりを感じさせる森選手です。

 

里崎 頼もしいですね。

 

 

以上です。

まだまだ課題はたくさんあるでしょうけど希望に満ちてます。
おすすめの記事