2018年12月26日に読売テレビで放送された「かんさい情報ネットten」で岡田彰布、赤星憲広が野村阪神についてますだおかだで増田と共に語っています。

 



増田 野村さんが監督しても3年連続最下位。ただ、その時に野村さんが獲得した選手たちが頑張ってその後に優勝するわけですけども。赤星さん、野村さんが来られてチームは変わりました?

 

赤星 僕は最後の1年間しか野村さんとやってないんですけど、やっぱり野村さんでもなかなか変えられなかったぐらい、ちょっとチームが悪い方に行ってたのは確かですよね。僕が入った時に一番衝撃だったのが、キャンプの時に『野村の考え』っていう野村さんが作った冊子があるんですけど、キャンプのミーティングの時にみんなそれを持って来るもんだと思ってたんですよ。

 

増田 はい。

 

赤星 僕はそれを貰ったからミーティングに持って行ったんですけど、持って行ってる選手がほとんどいなかったんですよ。それに野村さんが衝撃を受けてたというか、「そりゃ勝てないよ」と後々おっしゃっていましたね。

 

増田 うーん。全く阪神に関係ない方の野村さんが阪神に来られたわけですけど、そういう動きに関しては岡田さんはどう見てました?

 

岡田 僕が2軍監督になった同じタイミングで1軍の監督になったんですよ。

 

増田 はい。

 

岡田 僕が一番印象深いのは松井ヘッドコーチがいて、連絡するのはヘッドコーチが間に入っていたんですけど、どういう教え方をするかですね。

 

増田 うんうん。

 

岡田 2軍にはドラフトで入った若い子が多かったんで、良いところを伸ばしてやりたいと言ったんですけどね。その時に「2軍は短所を直せ」と。

 

増田 はい。

 

岡田 でもね、やっぱり短所を直せと言われると人間ってイヤでしょ。自分のダメな部分を言われるとね。

 

増田 はい。

 

岡田 あのことがやっぱり印象深いですね。

 

増田 それを聞いて岡田さんはやっていたのか、それとは違う感じでやってたのか。

 

岡田 いや、違う感じでやりました(笑)

 

増田 いわゆる無視をした?

 

岡田 いや、無視ではないですけどね。

 

増田 参考にしながら。

 

岡田 一応、心の中には受け止めて。でもやっぱり選手の気持ちになると守備が下手なもんに守備ばっかりやれ言うてもあまり乗り気にならないというかね。身が入らないし、やっぱりいいところから伸ばしていって、それで良くなってくると自分で悪いところも勝手に直していくというかね。

 

増田 はい。

 

岡田 そういう考えやったんですけど、あの言葉を聞いた時にはちょっと衝撃でしたね。

 

増田 なるほど。

 

 

以上です。

お互いあんまり合わないのは有名です。

おすすめの記事