202084日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初スタメンも3打席ノーヒットとホロ苦い結果となった中日ドラゴンズの根尾昴にいて元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の根尾の打席内容
1打席目 見逃し三振
2打席目 サードフライ
3打席目 ショートゴロ
ホロ苦のプロ初スタメン・・・

 

アナ DeNAに敗れた中日ですが、今日の1番バッターはプロ初スタメンの根尾選手でした。

 

大久保 そうなんですよね。苫篠さん、僕ちょっとウエスタンでの根尾の様子を取材してみたんですけど、やっぱり真っ直ぐをまだ引っ張れずに反対方向に行ってしまう、変化球には前に出されてしまうという事で。

 

今季ファーム成績(8/4時点)
22試合 打率.282(85-24) 本塁打2 打点16

 

大久保 まだちょっと1軍は早い気がしたんですけど、苫篠さんはどう思いますか?

 

苫篠 そうですね。何て言うんですか、ヤマの張り方じゃないですけど、配球の読み方とかがありますよね。

 

大久保 はい。

 

苫篠 このカウントだったらどっち方向に打つ準備をするのだとか、まだまだ勉強することはたくさんあると思うんですよ。

 

大久保 そうなんですよね。

 

苫篠 そういう意味ではドラゴンズには左バッターで大島という、いい見本がいるわけですから。

 

大久保 はい。

 

苫篠 大島はこのピッチャーに対してどういう待ち方をしているのか、どういう打ち方をしているのか。どんどん聞きに行けばいいと思いますよね。

 

大久保 そうですね。平松さん、でもチームとしては勝たないといけないじゃないですか。

 

平松 はい。

 

大久保 それで1番に置くというのは本人にも厳しいような気がするんですけど。

 

平松 まあ恐らく監督とかヘッドコーチが、どのぐらいの対応力があるのかを見たかった。それでいきなり初回は先頭打者で三振食らって、次はフライを打って、そして3打席目は芯に当てたじゃないですか。

 

大久保 そうでした。

 

平松 だからこの3打席でも対応してきているんですよね。あとスイングを見てもリストが強いし、やっぱり経験を積ませたらこの選手はやりますよ。

 

大久保 そうですね。まあこの試練を自分で乗り越えるのか、首脳陣が我慢できるのか、というところも注目したいですね。

 

アナ 試合後も「次は必ずヒットを打ちたい」と気合いも入っているということで楽しみです。

 

 

以上です。

まだまだこれからの選手です。
おすすめの記事