2019828日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs阪神タイガース戦で先発し7回に途中無失点で396日ぶりの勝利をあげた中日ドラゴンズの小笠原慎之介について元南海阪神の江本孟紀、元近鉄西武の金村義明、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



小笠原のヒーローインタビューの一部

2015年の甲子園優勝投手、第2の故郷で白星

小笠原 いえいえ。ビジターなんでまた次もしっかりと勝てるように頑張りたいと思います。

 

―今後に向けて

小笠原 いい雰囲気で野球をできているんで諦めずに1試合1試合頑張りたいと思います。

 

 

江本、金村、真中が語る

この日の小笠原の投球内容
6回2/3 88球 被安打3 奪三振5 四死球3 失点0
今季1勝1敗 防御率2.65(8/28の試合終了時点)
396日ぶりの勝利!

 

衛藤 小笠原投手が1年ぶりとなる今シーズ初勝利となりました。

 

真中 ちょっと肘の故障があってなかなか1軍で投げられなかったんですけど、江本さん、本当はもっとガンガンやってほしいピッチャーですよね。

 

江本 やっぱりいいもん持ってるからねぇ。

 

真中 そうですよね。

 

江本 うん。今日なんかは1点差のゲームでここまで抑えてきてるしね。これは大したもんですよ。

 

真中 ボールの力はあるんですけど、故障が多くて安定した投球ができていなかったんですよね。

 

江本 まあピッチングの内容自体は落ち着いていてコントロールもいいし、ボールに力もありましたよね。

 

真中 そうですよね。金村さん、小笠原は僕なんかからしたらもっと頑張ってほしいと思うんですけどね。

 

金村 うん。久しぶりに見たんですけど、投げ方もちょっと変えましたよね。コンパクトなフォームに変えて、ひとつ吹っ切れたようなね。

 

真中 はい。

 

金村 昨年までは森繁監督の秘蔵っ子のような感じで期待されて使われて、故障もありながら帰って来たら、また一回り下半身が太くなってますよね。もともと太腿は太かったんですけど、また大きくなってますよね。

 

真中 これからまたチームを引っ張ってほしいピッチャーですよね。まだまだこれからですよね。

 

 

以上です。

もう4年目ですからそろそろ勝ちまくる姿を見たいですね。
おすすめの記事