202084日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦との首位攻防戦の第1戦で終盤に決勝ホームランを放った東北楽天ゴールデンイーグルスの浅村栄人について、そしてビハインドから踏ん張った中継ぎ陣について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



浅村のヒーローインタビューの一部

浅村 完璧でした。大地さんとブラッシュが2アウトから繋いでくれたチャンスだったんで、何とか自分も繋ごうという気持ちで打席に入りました。

 

 

浅村を語る

アナ ソフトバンクとの首位攻防戦、まずは楽天が勝利しました。8回裏の楽天の攻撃ですよね。

 

大久保 平松さん、見事でしたね。

 

平松 モイネロなんかあんなに打たれたの初めてじゃないかな。

 

大久保 うーん。

 

平松 それぐらいボールはいいし、カーブはいいし。そのカーブを浅村がライトスタンドに持って行くんだけど、もちろん鈴木大地も左対左でモイネロを全く苦にせず打つしね。

 

大久保 素晴らしかったですね。

 

平松 うん。だから楽天は浅村の前を打つ打者も物凄い力を持ってますよ。

 

大久保 そうですよね。笘篠さん、浅村がホームラン打ちましたけど、ライトに打って確信して歩く人なんてほとんど見ないですよね。

 

笘篠 そうですよね() しっかりと引っ張ったような打球でね。あと今日から浅村君はセカンドを守れるようになったので、足の状態が悪かったんで前のカードのロッテ戦はDHでしたけど、ようやく守って打ってという浅村君のリズムを取り戻せたのかなと思いますね。

 

大久保 はい。

 

 

踏ん張った中継ぎについて

この日の継投
弓 削 5回5失点
安 樂 1回無失点
宋家豪 1回1失点
津留崎 1回無失点
ブセニッツ 1回無失点

 

アナ ソフトバンクとしては必勝パターンの継投が崩れた形ですが、逆に楽天の中継ぎ陣は踏ん張りました。

 

大久保 そう。平松さん、今日の試合は先発が5点取られたちゃったんですけど、その後は1点で抑えたというのが大きなポイントだったと思うんですけど。8回表を投げた津留崎が初勝利をあげたんですよね。

 

平松 津留崎はサイドから投げていいピッチャーですね。まあ、最後のストッパーを誰に投げさせるかが大きな問題なんだけど。

 

大久保 そうなんですよね。今日は森原じゃなくてブセニッツでした。このブセニッツは平松さんから見てどうですか?

 

平松 去年からボールは速いし、動くし、この日の最後に投げたカーブも本当にドロップみたいに落ちるからね。

 

大久保 はい。

 

平松 これはバッターとしてはなかなか1イニングで打ち崩せません。

 

大久保 そうですよね。笘篠さん、このブセニッツに9回を任せるのはいいと思うんですけど、どうですか?

 

笘篠 森原の状態が悪くなってから、それに代わるのはブセニッツしかいないと思うんですよね。

 

大久保 はい。

 

笘篠 そして今日の継投でブセニッツの前を投げたピッチャーたちも、日曜日(8/2)に勝ちゲームを落としてしまったんで、不甲斐ない内容ということで、今日は頑張るぞっていう強い気持ちがピッチャーたちにもあったんじゃないですかね。

 

アナ チームを勢い付ける中継ぎ陣の踏ん張りでしたね。

 

大久保 そうでしたね。

 

 

以上です。

楽天は終盤でも踏ん張りますね。
おすすめの記事