2018年8月7日のvs.巨人戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

阪神の先発は岩貞、巨人の先発は内海で試合が始まる。1回表に糸原のヒットを皮切りに満塁のチャンスを作りバッターロサリオがビックリの満塁ホームランで4点を先制する。巨人は2回表に長野がソロホームランで1点を返し3点差。更に4回裏にまたも長野がタイムリーヒットを打ち1点追加。阪神も5回表に北條、福留、糸井の3連続2塁打で2点を追加し内海をKO。しかし、岩貞がピリっとせずに5回裏に大城と陽がそれぞれソロホームランを打ち2点を返される。7回表に阪神はチャンスで糸井のセカンドゴロの間に1点を追加。阪神は6回から能見、桑原、藤川、ドリスの継投で逃げ切り最終スコア7-4で勝利。G+の野球中継のレポートを参考に書いています。



 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ まずはロサリオの大きなグランドスラムで幕が明けました。

 

金本 そうですね。やっぱり、ロサリオが打つと勝つというような神話とまではいきませんけど、本当にナイスホームランでした。

 

アナ 本人はダグアウトに帰って来て「プラクティス」とコメントし、練習の成果だと言わんばかりの声を出したそうですが。

 

金本 あぁ、そうですか(笑) まあ、何日か前からノックをやり始めてから、良くなったのではないかなと思っています。

 

アナ その後は福留と糸井がさすがですね。

 

金本 そうですね。北條からの連続2ベースとかでそういう繋がりと言いますか、いいところで連打が出てくれましたね。

 

アナ その名前が出ました北條ですが、今日は3度出塁でいずれもホームに帰ってきて、いい仕事をしていますね。

 

金本 そうですね。足はそんなに速くないんですけど(笑) まあ、塁に出て、その後の点に繋がっているということで、いい仕事をしてくれています。

 

アナ 先発の岩貞ですけども、5回を投げ切らせました。

 

金本 もうあそこは微妙だったんですけどね。あと一人でどうしようかなというところだったんですけど、ちょっとピリッとしないんでね。もう少しリリーフのことを考えて、もっと粋に感じて投げてほしかったですね。

 

アナ その後の継投で引き継いだベテラン陣はさすがですね。

 

金本 まあ、そうですね。ランナーを1人2人出しましたけど、結果はキッチリと仕留めてくれまして、さすがです。

 

アナ 今日の展開は追いすがる巨人を振り切っての3連勝で一つ監督も手応えを掴めるような内容じゃないですか?

 

金本 ん~。これで打線がだいぶん上向きになってきたんで、あとは先発投手が長いイニングをピリッと投げてくれるようになればね、手応えを感じてくるようになってくるかもしれませんね。

 

アナ さて、この流れの中で明日は才木。どう期待しますか?

 

金本 もう若いんで、若さを出してね。真っ向勝負と言いますか、細かいことを考えずに自分のいいボールをどんどん投げ込んで、抑えてほしいですね。

 

 

インタビューは以上です

 

 

【金本監督のその後のコメント】

金本 この勝利で乗っていって、選手のみんなが上昇気流に乗っているような感じで明日以降も戦ってほしい。

 

【岩貞の試合後のコメント】

岩貞 初回から援護点を貰って、立ち上がりはランナーを溜めないように気を付けながら、攻めの投球ができていたんだけども、中盤から高めに浮いた球をホームランにされてしまった。もっと長いイニングを投げないといけなかった。そういう展開だったのにリリーフの方たちに申し訳ないです。

おすすめの記事