2020年11月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦後に引退セレモニーを行った埼玉西武ライオンズの高橋朋己について元中日の谷沢健一、元ヤクルト広島の笘篠賢治、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



高橋の引退スピーチ

高橋 8年間というプロ野球選手としては短い野球人生でしたけど、スゴく濃く幸せな野球人生を送れましたので、本当に悔いなく引退することを決意しました。8年間ですけど、本当に自分は恵まれたなと思います。尊敬できる先輩、仲のいい後輩、そして何より短い期間でしたけど3軍選手としてリハビリを乗り越えられたのは3軍のクソ生意気な後輩たちのおかげで楽しく野球ができました。本当にありがとうございます。また同期、同級生、本当に楽しかったです。色々ありますけど、長くなるので「ありがとう」を何重の意味を込めて言います。本当にありがとうございました。

 

 

高橋を語る

真中 高橋投手はセットアッパーとして全盛期はかなりスゴいボールを投げてたイメージがあるんですよね。谷沢さん、いかがですか?

 

谷沢 うんうん。一時期は抑えをやってチームに貢献してたしね。短い8年間とはいえ、その記憶に残るピッチャーでしたよね。

 

真中 そうでしたね。苫篠さん、高橋投手の明るさが出た最後の引退スピーチでしたね。

 

苫篠 そうですね。そしてこの引退セレモニーで、今戦っている選手たちは高橋くんの分までCSに進出し、2年連続日本シリーズに出れなかったという部分を絶対にクリアしたいという気持ちがかなり深まったんじゃないですかね。

 

真中 そうですね。そして生意気な3軍の後輩たちにも頑張ってほしいですね(笑)

 

アナ そうですね(笑) ファンの心に残る引退セレモニーだったと思います。

 

 

以上です。

明るい引退セレモニーで雰囲気も良かったです。
おすすめの記事