2020年9月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し、7回9奪三振2失点で今季初勝利を飾った北海道日本ハムファイターズの上原健太について元横浜の高木豊、元近鉄の金村義明、楽天で監督をしていた田尾安志がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



上原のヒーローインタビューの一部

上原 4回からしっかり変化球を低めに投げることができたのでそれが長いイニングを投げれた要因かなと思います。やっと1つ勝つことができて、1つ勝つことの大変さを知りました。

 

 

上原を語る

稲村 日本ハムが西武に大勝で2カード連続の勝ち越しですね。

 

高木 やっぱ上原ですよね。素晴らしい投球だった。

 

稲村 はい。

 

高木 それで過去もすごくいいピッチングをしてるのに勝てなかったんですよね。

 

4試合1勝1敗 防御率1.11
9/2楽天-52410
9/10ロッテ-44622
9/17SB8・1/35332
9/24西武75912

 

高木 まあこういうピッチャーがかかってくると大きいと思うんですけども。金村さんは現役の時に左ピッチャーって好きだったんですか?

 

金村 僕は好きでした。

 

高木 内に速く、外に遅いっていうのが一番厄介じゃなかったですか?

 

金村 そうですね。だからもうあのインサイトばっかり狙ってましたけどね。外は捨ててね。

 

高木 なるほど。それで今シーズンの上原を見ていてどう感じていました?

 

金村 元々まとまってますし、上背もあって角度もありますし、防御率見てもね。だからそういう巡り合わせがね。勝てなかったのは打線との兼ね合いもあるんでしょうね。

 

高木 そうなんですよね。だからやっと1つ勝ちましたよね。田尾さんは上原を見てどうですか?

 

田尾 物凄く変化しますよね。

 

 

高木 はいはい。

 

田尾 右バッターでもあの外の抜き球は厄介だろうなと思って見てました。

 

高木 はい。だから右バッターには内に速くて角度のある速いボールと、そして外に抜くというコンビネーションでね。

 

田尾 だから金村さんみたいに、どちらか一つに絞るっていうのが対応の仕方なのかなと思いますね。

 

高木 そうですよね。

 

稲村 まだまだ勝ちを増やしていってほしいですよね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

もともとのポテンシャルはありますからね。
おすすめの記事