2020年9月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で先発し、5回無失点で3勝目を飾り、勝利に貢献した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹のピッチングについて元横浜の高木豊と楽天で監督をしていた田尾安志がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



松井のヒーローインタビューの一部

松井 本当に粘ってれば先輩たち打ってくるので、なんとかゼロでと思ってました。まだ40試合近くあります。最後の1試合まで気を抜くことなく、全力で戦い抜きたいと思います。

 

 

松井を語る

この日の松井の投球内容
5回114球 被安打5 奪三振12 四球4 失点0
今季3勝3敗 防御率3.66(9/24の試合終了時点)
チームを今季初の5連勝に導く!

 

稲村 楽天がロッテに勝利し5連勝。ソフトバンク、そしてロッテと上位2球団から2カード連続で勝ち越しです。田尾さん、この試合で熱視線はどこでしょうか?

 

田尾 まずはやっぱり松井投手のピッチングですよね。

 

稲村 はい。

 

田尾 5回投げて12奪三振で無失点。これだけだと素晴らしいように見えるんですけど、実は114球も投げている。

 

高木 そうですね。

 

田尾 それも投球間隔が長いんですよ。だからやっぱり抑えピッチャーとして1イニングだけでずっとやってきたピッチャーなので、どうしてもちょっと間が長くなるというのは分かるんですけど、やっぱり先発でこれからどんどん行くとなると、もう少しやっぱり投球間隔を短くする。

 

高木 うんうん。

 

田尾 野茂投手がメジャーに行った時にブーイングを食らって、それで本人もそれからは物凄くテンポが良くなりましたよね。

 

高木 はいはい。

 

田尾 だから意識すれば出来ると思うんでね。そういう事もやりながらいいピッチャーになってもらいたいなと思いますね。

 

高木 ヒーローインタビューで「先輩たちは粘っていれば打ってくれる」と言うけど、ちょっと投球感覚を短くしないと野手も攻撃のリズムが掴めないですよね。

 

田尾 テンポを早くしていたら、もっと打ってくれていたと思いますね。

 

高木 そうですよね。

 

田尾 5点6点多く取ってくれてたんじゃないかな(笑) 今後は考えてもらいたいなと思いますね。

 

高木 完投するには200球超えますからね(笑)

 

稲村 でもヒーローインタビューではいい表情してましたよね。

 

高木 ただ、真っすぐの走りは良かったですよね。

 

田尾 真っ直ぐもスライダーも良かったですね。今日12個三振を取った内の7つ8つはボール球を振らせてたんですよ。

 

高木 うんうん。

 

田尾 それを全部振らされているんでね、やっぱりロッテ打線は松井のボールの勢いにやられたなという感じでしたよね。

 

 

以上です。

これだけ球数が多いと安定感に欠けそうな感じ。
おすすめの記事