2019526日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦でプロ2戦目となる先発登板し52失点で勝ち投手の権利を持って降板した埼玉西武ライオンズのドラフト1位ルーキー・松本航のピッチングについて元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元日ハムの岩本勉がフジアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の松本の投球内容

52/3 123被安打6 奪三振6 四球3 失点2

今季10敗 防御率3.38(5/26の試合終了時点)

勝利投手の権利を持って降板も勝ちが消える

 

 

平松、笘篠、岩本が語る

アナ 西武は日本ハムに敗れて連勝が5でストップしました。

 

岩本 そうですね。打撃戦気味になったゲームに見えました。

 

アナ はい。

 

岩本 平松さん、ライオンズの先発の松本について先週は勝ち星をあげましたが、今日のピッチングはどう見られましたか?

 

平松 うーん。この前も松本の話をしたんだけど、ピンチの時にしっかりとコースを投げられるだけの気持ちを持っています。

 

岩本 はい。

 

平松 まあ「クソ度胸」はルーキーながら持ち合わせているんですよ。

 

岩本 はい。

 

平松 今日もそういうところが見えたシーンがありました。ピンチの場面でいいところに投げられる。まあ今日は2失点ですから、合格じゃないですかね。

 

岩本 でも、今日はやけに球数が多かったんですよ。

 

この日の松本のイニング別の投球数
123456
25211725258123

 

平松 うんうん。まあ打たれたらいけないということでコースにボールを集めていたんでね。ノーコンピッチャーではないので、コースを狙い過ぎたというのがあったんじゃないですかね。

 

岩本 なるほど。

 

苫篠 今日は3ボールというカウントが11回あったんです。そのうちフルカウントになったのが8回ありました。

 

岩本 はい。

 

苫篠 キャンプから見ていますけど、ワインドアップの時はボールもまとまるんですけど、ランナーが出てセットポジションになると少しバラけてしまう。そこでボールが多くなるというのが課題なんですよね。

 

岩本 なるほど。今日の相手の先発だった上沢と同じ123球だったんですけど、内容には差があったということなんですかね。

 

苫篠 ありましたね。

 

 

以上です。

まだまだ課題あり。
おすすめの記事