201947日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で森友哉の打席で見せた北海道日本ハムファイターズの外野4人シフトについて元南海阪神の江本孟紀、元日ハムの岩本勉、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この前日に4安打4打点の森の打席でサードの浅間をレフト付近に移動させて外野4人シフト敷く

 

アナ 日本ハムですが森友哉選手に対して守備形態を変えてきました。

 

岩本 はい。真中さん、監督されていて打者の特徴によって色んな守備シフトがあると思うんですよ。

 

真中 そうですね。

 

岩本 この場面、森友哉に対してスゴく極端なシフトです。

 

真中 あくまでもデータだと思うんですよ。根拠がないとシフトは敷けないと思うので森の打球は外野に飛ぶのが非常に多いというのでこのシフトですよね。

 

岩本 はい。

 

真中 あとサードゴロが多分少ないんでしょうね。そうじゃないとできないです。でもこれはスゴく勇気がいるんで栗山監督が思いきってやるのは素晴らしいと思いますね。

 

岩本 はい。

 

真中 失敗するとゴチャゴチャ言われますけど、そこを貫いてね。

 

岩本 私たち解説者はつつかないといけないでね()

 

真中 ハハハ()

 

江本 そうそう()

 

岩本 江本さんはああいうシフトについてはどう思われますか?

 

江本 あれはアメリカでやってるから流行に乗ってやってみようかということなんでしょうけど。まあ我々のときは両翼が90メートル以下で狭い球場だからシフト敷いてもあまり意味がないんですよ。

 

岩本 はい。

 

江本 今は球場が広いからいい効果もあるかもしれないですよね。だから昔は王さんの打席では王シフトですよね。

 

岩本 有名ですね。

 

江本 サードがいませんでしたしね。我々のときもやってました。だからもっとやればいいんですよ。

 

岩本 真中さん、打者としてはどうなんですか?目の前の視野が変わるじゃないですか。

 

真中 気分的に逆方向とか打ち出すとおかしくなると思うんで、ちょっとイヤかもしんない。視野は変わりもんね。

 

岩本 うーん。

 

真中 ただ、そこは気にせずに打つとは思うんですけど。だからサードがいないからサードの方に打とうと思うとバッティングも崩れるので。シフト対策としてはたまにセーフティバントするとかそういう方向がいいかもしれないですね。

 

岩本 ひとつ質問なんですけどこれがもし短期決戦だったら手段は選ばないですか?

 

真中 サードがいないならそっちへのバントもありかもしれないよね。

 

岩本 はい。

 

真中 何かやっていくと相手も変わるかもしれないんで。

 

岩本 もう駆け引きですね。

 

真中 そうですね。

 

江本 データやったってあの打席の森は三振してんだから意味なかった()

 

一同 ()

 

真中 それは結果論です()

 

アナ 森シフトはどうなるのか今後注目ですね。

 

岩本 そうですね。

 

 

以上です。

オープナーはイマイチうまくいってませんが極端なシフトは面白い試みです。
おすすめの記事