2018年5月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsロッテ戦で2安打を放ち2000本安打まであと4本と迫ったソフトバンク内川聖一について元横浜の高木豊、元中日の立浪和義、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の内川の打撃内容】

1打席目 センター前ヒット

2打席目 レフトホームラン

3打席目 レフトフライ

4打席目 サードエラー

通算1996安打(5/1の試合終了時点)

 

 

アナ ソフトバンクの内川選手ですよね。

 

高木 いよいよカウントダウン。あと4本。

 

アナ はい。きました。

 

高木 立浪さん、経験者は残り4本になったら、どんな心境になるんですか?

 

立浪 やっぱり、残り一桁になれば間違いなく打てるので、あとはどこの球場で打てるかという、そういうことも多少は考えて。

 

高木 次がヤフオクドームなんですよ。残り4本なんであと2試合は千葉マリンスタジアムでやりますけども。

 

立浪 今日は2本打って調子が上がってきそうですからね。もしかしたら、この千葉での3連戦(この日は3連戦の初戦)で達成するかもしれないですね。

 

高木 立浪さんは記録に対して何も考えていなかったんですよね。

 

立浪 はい。

 

高木 次がナゴヤドームだったんですよね。全く意識せずに3本簡単に打って決めたという。

 

立浪 まあ、たまたまですけどね。

 

高木 いや、たまたまじゃないですよ。

 

立浪 いやいや、もう。

 

アナ そうなんです。立浪さんは1996本目を打ったその日にもう1本打って、その翌日に3安打を打って一気に東京ドーム決めたと。

 

立浪 そうなんです・・・。

 

一同 (変な間になり一同笑いが起こる)

 

高木 だから、何を聞きたいかと言うと、名古屋で決めるって考えませんでした?次はナゴヤドームだったんですよ。

 

立浪 名古屋でも良かったんですけど、東京ドームもいいなという感じもあって(笑)

 

一同 (笑)

 

高木 あっ、東京好き?(笑)

 

立浪 はい(笑)

 

一同 (笑)

 

高木 まあ、天才だから、あんまり意識がなかったでしょ?プレッシャーとか。

 

立浪 プレッシャーはなかったです。自分の場合はまだ若かったですから。

 

高木 えっ、いくつですか?

 

立浪 33ぐらいでした。

 

高木 若いねぇ。3000本もいけましたね。

 

立浪 それは難しかったです。

 

高木 そうかあ。なるほどねぇ。まあ、いつ達成するか楽しみですね。

 

 

以上です。

内川は完全にカウントダウンモードに入りましたね。それにしても立浪は33歳で達成ですから素晴らしい天才バッターですね。

おすすめの記事