江川卓が高校日本代表を視察 吉田、藤原、根尾、野尻、小園を語る 2018年9月2日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月2日に日本テレビで放送された「Going! Sports&News」で江川卓が高校日本代表を視察し今年のドラフト候補の吉田輝星、藤原恭大、根尾昴、野尻幸輝、小園海斗について語っています。

金足農業の吉田輝星について

―別メニュー調整をしている姿を見て

江川 非常にいい走り方をしている。走っている感じが地面を蹴って走っている感じがするんですよね。だから、体にバネがあるように思いますね。

―吉田の後ろ姿を見て

江川 見た感じユニフォームが小さいんじゃないのと思うでしょ。パツパツで小さいのを着ているように見えますよね。特にお尻から太ももの筋肉がすごい張ってる。相当、下半身が発達しているというか、体が沈んでボールを投げられるという理想的なフォームをしていますから、筋肉のつき方としてはプロに近いつき方をしてますね。

ここから大学生との練習試合の様子を見て語っています

大阪桐蔭の藤原恭大について

―第1打席でレフト前ヒットを打つの見て

江川 おぉ、いい感じだねぇ。低めのボールをうまく打っていますね。

―第2打席の四球について

江川 選球眼がいいですね。今のを振らないんだから。際どいコースを見ていますから、すごくいいと思いますよ。打ちたい、打ちたいじゃないからね。自分のストライクゾーンが分かっていますね。

大阪桐蔭の根尾昴について

―この日は1塁側への内野安打1本だけしか打てず

江川 今日はあんまり状態が良くないかもしれないね。いい意味としては、1塁にランナーがいたからちょっと引っ張っていこうと思ったかもしれないね。

木更津総合の野尻幸輝について

―ファールを見て

江川 この子はいいスイングをしているね。力負けをしていないファールだね。

―レフトオーバーの2ベースヒットを見て

江川 いいバッティングしているね。体もいいし、スイングの速さもいい。ストレートに負けないで逆方向(野尻は左打者)に打てたのは非常に収穫がある。パワーを持っているという。ポイントが高いと思いますよ。

報徳学園の小園海斗について

―ショートゴロを見て

江川 いい肩してるねぇ。1塁への送球がいい。やっぱり、いい肩を見せているんで、十分にアピールしていると思いますね。

―小園の打撃 カウント2-2で変化球をファール

江川 今のはチェンジアップみたいなボールだと思うんだけどね。ナイスファールですよね。ファールで逃げてる。インコースの難しいところをうまくファールにしている。空振りしないように。

―その後もファールで粘る

江川 ふふふ(笑) アウトにならない。難しいところにピッチャーが投げているのにね。

―12球目にライト前ヒット

江川 おー。ヒット打ったよ。見事ですね。今日の一番でしょ、これが。みんなほらスカウトがメモしてる。 (※江川の周りにはスカウトがたくさんいます)

―改めて小園の打撃について

江川 自分のポイントでないボールを全部ファールにしている。これはかなりレベルが高いですね。ピッチャーがもうちょっとギリギリに投げればフォアボールになっちゃうし、勝負すればヒットになるという。評価はかなり高いと思いますね。

―江川なら誰をドラフト1位にするか?

江川 〇〇。プロに行ってもすぐに使える選手なるだろうなと思いますね。

この続きはこちら

江川卓が報徳学園高校の小園海斗について語っています。

以上です。

江川の評価を信じましょう。