江川卓が小園海斗を絶賛「プロ1年目から活躍できる」 2018年9月

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月2日に日本テレビで放送された「Going! Sports&News」で江川卓が報徳学園高校の小園海斗について番組MCの上田晋也とタレントの亀梨和也と共に語っています。

誰をドラフト1位に指名するかという問いに、江川は小園の名前を挙げました

上田 そうですか。小園選手が1位ということで、どの辺を評価されて1位に。

江川 まず足が速いですね。甲子園ではレフト前ヒットを2ベースにしましたし。

上田 はい。

江川 それから肩もいいですね。バッティングも非常にしぶとくて、自分の打てるボールを待つという技術を持っていますね。これを考えるとプロに入ってもすぐにレギュラーを獲れるぐらい。

上田 へぇ~。

亀梨 ちなみに小園選手はプロの選手に例えると誰になりますか?

江川 僕らのイメージでは立浪和義さん。中日に素晴らしい選手がいたんですけど、一番近いんじゃないかと思いますね。

立浪和義 (元中日)

1年目から開幕スタメンで110試合出場

日本歴代最多二塁打487

上田 立浪さんも高卒1年目から活躍しましたからね。

江川 ほとんどレギュラーで出場しましたからね。

上田 ただね、立浪さんは1年目から活躍されましたけど、高卒の野手のプレイヤーが1年目からっていうのはなかなか難易度高いと思いますけど、すぐに使えると仰っていましたね。

江川 はい。バッティングの方はすぐに高打率というのは無理だと思います。ただ、守備が上手なので、守りでずっと使える。そのうち1年か2年やるうちに打撃に慣れてくるので、ずっとレギュラーを長くやれる選手だと思いますね。

上田 なるほど。もし1年目から出たらどれぐらいの成績を残せそうでしょうか?

江川 打率は2割3分か4分ですけど。

上田 それでも十分ですね。高卒1年目で2割3分か4分なら十分ですよね。

江川 まあ、3年目ぐらいには3割打てると思います。

上田 へぇ~。やっぱり、それぐらい対応力が高い選手ということなんでしょうか?

江川 はい。ファールで粘って自分の打ちたいポイントで打てる。そういうバッティングってなかなか出来ないんですよ。

上田 おぉぉ。

江川 これはレベルが高いですね。

上田 そうなんだ。本当に豊作の中で選んだ小園選手ですから、相当の逸材と言っていいんでしょうね。

江川 はい。いいと思います。

小園海斗のプロフィール

内野手 高校3年生 18歳 報徳学園

身長178㎝、79kg、右投左打

50メートル5秒8の俊足

走攻守3拍子揃った選手

高校日本代表の他の選手についても語っています

江川卓が高校日本代表を視察し今年のドラフト候補の吉田輝星、藤原恭大、根尾昴、野尻幸輝、小園海斗について語っています。

赤星もナンバーワン野手は小園だと言っています

元阪神の盗塁王・赤星憲広が、聖光学院戦で4打数3安打、3度の2ベースヒットを放った報徳学園の小園海斗について語っています。

以上です。

赤星に続いて江川も小園がナンバーワン野手だと言っています。江川の目が節穴ではないことを祈ります。