報徳学園の小園海斗を赤星憲広が絶賛「1年目からプロで通用する」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年8月11日に日本テレビで放送された「Going! Sports&News」で元阪神の盗塁王・赤星憲広が、この日に試合で4打数3安打、3度の2ベースヒットを放った報徳学園の小園海斗について語っています。番組MCのくりぃむしちゅーの上田晋也と共に語っています。

【この日の聖光学院戦の小園選手の打撃内容】

1打席目 レフト前2塁打 (俊足を飛ばして2塁へ)

2打席目 右中間フェンス直撃2塁打

3打席目 三振

4打席目 左中間2塁打

 

【小園海斗のプロフィール】

報徳学園 ショート 高校3年生

身長178cm・体重79kg

50メートル5秒8、遠投110メートル

上田 赤星さん、高校野球が大いに盛り上がっていますけど、この選手はプロで活躍しそうだなという選手はいましたか?(この日は大会7日目)

赤星 けっこう何人もいるんですけど、その中で報徳学園の小園海斗選手ですね。

上田 はい。今日打ちましたね。

赤星 僕は走攻守、そして肩、全てにおいて10点満点の選手だと思っているんですね。

上田 おぉぉ、そうですか。

赤星 はい。ちょっと図抜けているかなと思っています。来年、ドラフト1位で入団して、高卒で1年目から僕はレギュラー獲れるんじゃないかと思うような選手なんですけど。

上田 ほぉー、そんなレベルですか。

赤星 この(2打席目の)2ベースヒットなんかでも、そんなに強振していないんですけど、フェンス直撃まで飛ばしているんですよね。

上田 はいはい。

赤星 だから、力も付いていますし、もともと報徳学園に入ってからもすぐにレギュラーで試合に出てたんですけど、当時は細かったんですね。

上田 うーん。

赤星 やっぱり、3年生になってパワーアップもしていますから、大阪桐蔭の根尾君と藤原君が注目されていますけど、僕は彼が今大会のナンバーワン選手じゃないかなと思っていますけどね。

上田 ほー。だって守備なんて今すぐプロの1軍で活躍できるなんて話もありますよね。

赤星 はい。素晴らしいです。もう全てにおいて素晴らしいですね。

上田 ただ、本当に他にもピッチャーもいますし。

赤星 そうですね。

上田 まだまだ今大会はスター選手が出てきそうな感じがしますね。明日からも楽しみです。

こちらでは大阪桐蔭の根尾選手について語っています

大阪桐蔭高校の根尾昴君の凄さについて元阪神の赤星憲広が語っています。

こちらでは古田と立浪が藤原選手について語っています

この日の高校野球、夏の甲子園、大会14日目の準々決勝で2発のホームランを打った大阪桐蔭高校の4番・藤原恭大のバッティングについて古田敦也と立浪和義が語っています。

以上です。

赤星が大絶賛です。高卒1年目の二遊間がすぐに活躍できるなんて奇跡的ですからね。そこまではないかもしれませんけど、プロでも活躍できるという赤星の目が節穴ではないことを祈ります。