2019818日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で8回無失点で3勝目、お立ち台では涙を流した東京ヤクルトスワローズのブキャナンについて元近鉄西武の金村義明、元巨人の斎藤雅樹、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



ブキャナンのヒーローインタビューの一部

ブキャナン 家族が来ていることが自分の力になっているし、ファンの皆さまの愛も感じていつも投げています。

 

 

金村、斎藤雅樹、岩本が語る

この日のブキャナンの投球内容
8回94球 被安打4 奪三振4 失点0
今季3勝6敗 防御率5.33(8/18の試合終了時点)

 

アナ ブキャナン投手、涙のお立ち台でした。見てる方も嬉しくなりましたね。

 

岩本 そうですね。雅樹さん、ブキャナンは打たせて取るピッチングで冷静でしたね。

 

斎藤 今年はなかなか結果が出てなかったんですよね。

 

岩本 そうですね。

 

斎藤 それで今日は非常に変化球が低めに集まっていましたよね。得意球はカットボールだと思うんですけど、それがうまくコーナーに散ってたと思いますし、それがゴロアウトの多さに繋がったんじゃないですかね。

 

岩本 そうですね。本当に長いイニングを見込めるピッチングですよね。8回で94球とペースも良かったんですよね。

 

斎藤 そうでしたね。

 

アナ 金村さん、やっぱり家族の存在は大きかったんですかね?

 

金村 大きいと思いますよ。外国人がお立ち台で涙してる姿は久しぶりに見ましたね。感動しますよね。

 

岩本 はい。

 

金村 僕、最近甲子園をよく見ててね、ラストミーティングを見てよくもらい泣きするんですけどね()

 

岩本 ほぉー。

 

金村 負けたチームの監督が色々と話したりすんですよね。まあ年がいくと涙腺が緩むのは分かるけど、斎藤さんは外国人選手がお立ち台で涙する姿を見たことあります?

 

斎藤 ないです。

 

岩本 外国人選手では珍しいですよね。

 

斎藤 やっぱり前半戦が苦しかったからじゃないですか。自分の成績が上がってこなかったのが苦しかったんでしょうね。

 

 

以上です。

前半戦サッパリでしたからね。
おすすめの記事