2018年10月24日にMBSテレビで放送された「戦え!スポーツ内閣」で古田敦也とオリックスバファローズの金子千尋が日本体育大学の松本航と立命館大学の辰己涼介についてタレントの武井壮と共に語っています。

 



日本体育大学・松本航

古田 いいピッチャーだと思います。ハッキリ言って体がそんなに大きくないんですよ。

 

武井 はい。古田さんだったらどんなリードをしたいピッチャーですか?

 

古田 パワーピッチャーなんですよ。だから、「いいよ~いいよ~」って言って(笑)

 

武井 盛り上げる。

 

古田 好きにやっていいよ~って。

 

武井 へぇ~。

 

古田 ピッチングフォームを見ると足を上げる時もしっかりと溜めてビュンとやるピッチャーというのはだいたい『いくぞ!』って奴なんですよ。

 

武井 そういうタイプなんですね。

 

古田 細かいことを言っていい人と、それよりものびのびと投げる人がいるんですけど、どちらかと言うと彼はのびのびタイプなんです。

 

武井 例えば細かいことを言ってもいいタイプのピッチャーというのは誰なんですか?

 

古田 ピッチングスタイルは違いますけど例えばヤクルトの石川雅規とかね。

 

武井 はい。

 

古田 細かい。「もうちょい落とします?」、「もうちょい緩くいきます?」、「もうちょいカットします?」って感じですから。

 

武井 なるほど。

 

古田 多分、金子も細かいことを要求できるピッチャーなんですよ。

 

金子 そうですね。

 

古田 もうちょい抜いた方が打ち取れると要求したら「いけますよ」って感じだと思います。

 

武井 へぇ~。分かるんだ。

 

金子 分かります。

 

 

 

立命館大学・辰己涼介

武井 辰己選手は立命館大学で古田さんの後輩になりますけども。

 

古田 いい選手ですよ。

 

金子 僕の知っているスカウトの方からちょっと小耳に挟んだんですけど、今年のドラフトにかかる選手の中で一番足が速いんじゃないかという。

 

武井 ほー。

 

金子 あとピッチャー目線で言うと、そういうバッターはイヤなんで。

 

武井 そういう選手がいるとチームの攻撃力がグッと上がるという。

 

古田 そうなんですよ。足が速いだけじゃなくてバッティングもいいんですよ。

 

武井 なるほど。

 

古田 チョコチョコするような足の速さじゃなくて。

 

武井 しっかり打てる打者だと。

 

古田 はい。ドラフトの上の方で消えますよ。

 

 

以上です。

この大学生2人はどこに入団するんでしょうか。

おすすめの記事