2018年10月24日にMBSテレビで放送された「戦え!スポーツ内閣」で古田敦也とオリックスバファローズの金子千尋が大阪桐蔭高校の藤原恭大と根尾昴についてタレントの武井壮とお笑い芸人の小杉と共に語っています。

 



番組では古田敦也、金子千尋、お笑い芸人のますだおかだの増田、ずん飯尾が4人でドラフトをしており古田は藤原を1位指名し、金子は根尾を1位指名しました。

 

藤原恭大

古田 足が魅力的なんですよね。パワーもあります。

 

武井 なるほど。

 

古田 体も大きいですしね。どの球団に行っても早い段階で1軍で活躍する姿がちょっと見えますね。

 

武井 能力の総合点が今回のドラフトではナンバーワンだと。

 

古田 もちろん根尾君もいいんですけどね。

 

武井 うん。

 

古田 あと根尾君は評判が高くてちょっと重複しそうだから藤原君を一本釣りできるんやったら藤原君ですね。

 

 

根尾昴

金子 まずは二刀流でやってもらいたいなと思います。

 

武井 これまためちゃめちゃ話題になりますよね。

 

金子 そうですね。二刀流をしてほしいんで、内野手より外野手でやってもらいたい気持ちがあります。

 

武井 外野で少し守備の負担を減らしてという感じなんですかね。

 

金子 はい。

 

小杉 古田さんは根尾君の二刀流に関してはどう思われますか?

 

古田 うーん。どういう使い方をするかなんですけど、多分野手中心になると思うんですよね。

 

武井 はい。

 

古田 だから、公式戦で途中から投げるのはなかなか難しいと思うんで。

 

武井 なるほど。

 

古田 非常にいい選手ですよ。本当にいい選手だと思います。僕はインタビューをしたことがあるんですけど、「自分の一番足りないところは体重です」って言ったんです。

 

武井 はい。

 

古田 「あと3キロか4キロ増やしたい」と。もうその通りです。プロから見たら、もう3キロ4キロあったらいい選手になるよなあって感じするよね?(隣の金子に問い掛ける)

 

金子 そうですね。

 

古田 それを本人が分かっているのが賢いんですよ。

 

小杉 それスゴいですよね。

 

古田 ここまで来て自分の課題がここだというのを明確にわかって分かっているというね。

 

 

以上です。

大阪桐蔭コンビはプロの目から見ても魅力的です。

おすすめの記事