2018年11月5日に関西テレビで放送された「報道ランナー」で2018年のシーズンをもって阪神タイガースのヘッドコーチを辞任した片岡篤史が阪神タイガースの矢野燿大新監督にエールを送っています。関西テレビのアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

 



アナ 矢野監督とはプライベートでも仲が良く、お人柄もご存じという関係でエールをフリップを書いて頂いているんですけど。

 

片岡 エールというか、もうこれですね。

 

フリップを出す

『結果が全て』

 

 

アナ ウワハハハ(笑)

 

片岡 これは本当にタイガースという人気チームですし、結果が全てというのを私は人一倍感じますね(笑)

 

アナ 矢野さんというのはそういう期待に応えられる方ですか?

 

片岡 矢野監督は明るくて、またキャッチャーとしての色んな気配りもできますし、また今年はファームの監督になられて、今までのバッテリー部門だけじゃなくて非常に広い視野で野球を見られて、今の若い選手たちにこういう風な指導方法がいいんじゃないかというものを熟知されています。

 

アナ うーん。

 

片岡 まあ、それで超積極野球というのを掲げられていますけど、それをそのまま続けて頂ければね。特にホームの甲子園は広いですから、そういうことで点を取るような、そういう野球をして頂きたいですね。

 

アナ 機動力を生かしながらというところですね。まあ、金本前監督と片岡さんが蒔いた種を、なんとか矢野さんで花開かせてもらいたいなと思いますね。

 

片岡 そうですね。

 

アナ 片岡さん、また番組に来て頂けますか?

 

片岡 またお願いします(笑)

 

 

以上です。

『結果が全て』というのはいきなり重いこと言うなあという感じがします。

おすすめの記事