2018年11月2日にサンテレビで放送された「熱血!タイガース党」で阪神タイガースの大山悠輔の今季について、現状について、今後についてを掛布雅之が福本豊とサンテレビアナウンサーの湯浅明彦と共に語っています。

 



アナ 福本さんの気になる選手は誰になりますか?

 

福本 それは大山。

 

掛布 あー。

 

福本 やっぱり大化けしそうなところで終わってるからね。どっちかと言うと気持ちがセンターから右になってるからね。

 

掛布 僕はね、田淵さんという全然タイプが違う人なんですけど、やっぱり右打者のホームランバッターを若い頃にずっと見てきましたので、甲子園の浜風だとか色々と球場の特徴を考えると、真ん中から少しアウトコース寄りの甘いボールをやっぱり左中間の最深部へホームランする右バッターが今の阪神には必要だと思うんですよ。

 

アナ 左中間の一番の深いところに打ち込んでほしいと。

 

掛布 はい。だから、アウトコースのボールを右中間じゃなくて、ややアウトコースの甘めを左中間の最深部へというヘッドの角度を大山には覚えてほしいなと思いますね。

 

アナ シーズン終盤にレフトに引っ張ってホームランというのがありましたよね。

 

掛布 あれはスゴく上手く打ってます。もっと何て言うのかな・・・雑と表現するのは難しいんですけど、もっと強引さが欲しいんですよね。

 

アナ なるほど。

 

福本 キレイに打とうとし過ぎてる。アウトコースだから右の方じゃなくて、アウトコースでも引っ掛けてバックスクリーンとか左中間ぐらいのヘッドの角度をちょっとだけやけど利かさせる練習をしてほしいね。

 

掛布 昨日(日本シリーズ第5戦)のソフトバンクの柳田君のバットを折りながらガーっと強引にライトに持っていってしまうという、ああいう強引さというのがやっぱり4番の強さで。

 

アナ なるほど。

 

掛布 大山は4番を打てる選手だと思いますので、強引な大山を見たいですね。

 

アナ はい。掛布さんが2軍監督時代に入団してきたのが大山ですし、最初は彼も2軍スタートでしたから、じっくりという思いがありましたよね。

 

掛布 彼はね、吸収する力が非常にあり過ぎて、色々なことを吸収し過ぎたんじゃないですかね。だから今度は噛み砕いて、必要じゃないものは捨てていく秋季キャンプにしてもらいたい。

 

アナ なるほど。

 

掛布 捨てる勇気、削る勇気。

 

アナ 何が必要で、何が不必要かというのを取捨選択できるようにと。

 

掛布 えぇ。もうそういう段階の選手だと思います。

 

 

以上です。

掛布の打撃を見る目は確かだと思います。

おすすめの記事