2018年11月4日にテレビ朝日で放送された「サンデーLIVE!!」で古田敦也が福岡ソフトバンクホークスのキャッチャー・甲斐拓也の盗塁阻止、通称甲斐キャノンについて解説しています。メ~テレアナウンサーの濱田準と共に語っています。

 



アナ ソフトバンクの甲斐選手が日本シリーズでMVPを獲りました。日本シリーズでキャッチャーでMVPというと古田さんも2回あります。

 

古田 そんなことを紹介してくれてありがとう(笑)

 

アナ そんな古田さんから見て甲斐選手はどこが素晴らしいですか?

 

古田 やはり盗塁阻止をするということですね。僕も得意な方だったんですけど、甲斐選手は非常に上手かったと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

古田 ちょっとここにキャッチャーミットがあるんでやりましょう。甲斐選手のどこが素晴らしいか。

 

アナ はい。

 

古田 もちろん肩もいいですし、送球の速さもいいんです。でも一番いいのは、やっぱりボールが来て、普通は捕ってから投げる動作に入るんですね。

 

アナ はい。

 

古田 それを甲斐選手の場合は、捕る前にちょっと動くんですよ。それで速めに動けます。このコンマ何秒を短縮して盗塁を刺してます。ちょっと見てください。

 

甲斐が日本シリーズで盗塁阻止をする映像が流れる

 

 

古田 ピッチャーが足を上げて1塁ランナーが2塁にスタートを切っているときに、もう左足を前にちょっと出すんですね。

 

アナ 本当に出てますね。

 

古田 ここで左足をグッと踏ん張って、先に一歩踏み出している感じです。

 

アナ はい。

 

古田 もうピッチャーが足を上げたときには動き出している。

 

アナ もう動いてますね。

 

古田 ここで短縮しているんですね。素晴らしい。

 

アナ 準備ができているんですね。送球も正確ですよね。

 

古田 もちろん肩もいいですよ。隙が一切ないですね。素晴らしい。

 

里崎の甲斐キャノンの解説

赤星の甲斐キャンの解説

谷繁の甲斐キャノンを詳細に解説

 

 

以上です。

準備ができているのもありますが隙がない。

おすすめの記事